【SPY 動画】これほんとにロードゴーイングカー?『GT-XR』、まるでジェット機のような走りを見よ | Spyder7(スパイダーセブン)

【SPY 動画】これほんとにロードゴーイングカー?『GT-XR』、まるでジェット機のような走りを見よ

自動車 新車スクープ
KTM X-BOW GT-XR 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • KTM X-BOW GT-XR 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • KTM X-BOW GT-XR 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • KTM X-BOW GT-XR 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • KTM X-BOW GT-XR 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • KTM X-BOW GT-XR 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • KTM X-BOW GT-XR 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • KTM X-BOW GT-XR 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • KTM X-BOW GT-XR 市販型プロトタイプ スクープ写真

先日はKTM最新モデルとなる『X-BOW GT-XR』市販型プロトタイプを捉えたが、今度はニュルでその走りをビデオが捉えた。

今回のプロトタイプは、サーキット専用車『X-BOW GTX』、及び『X-BOW GT2』のロードゴーイングカーバージョンとなる。

先日は最新プロトタイプをスクープしたが、やはり実車は迫力が違う。フロントガラス前方をヒンジで固定する、ジェット戦闘機風のキャノピー式コックピットのせいか、直線で空を飛ぶほどの加速を見せ、サーキットがまるで滑走路にみえてくるほどだ。これがサーキット仕様でなく、公道を走るロードゴーイングカーだというから驚きだ。

デザイン詳細はカモフラージュで隠されており、トラッカーとほぼ同じに見える。唯一の違いはフロントナンバープレートや公道用のタイヤを履いていることだろう。またサイドミラーは装備していないが、もちろん最終市販型では装着される。

パワートレインは、アウディ『RS3』と同じ2.5リットル直列5気筒ターボチャージャーエンジンを採用。最高出力600psを発揮し、後輪を駆動する7速ダイレクトギアボックス、バックアスクルにはコーナリング時のトラクションを向上させるリミテッド・スリップ・ディファレンシャルを搭載する。

ボリュームは是非大きめで、そのエキゾーストノートを楽しんで頂きたい。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top