プロサングエだけじゃ物足りない?フェラーリ『ローマリムジン』を提案 | Spyder7(スパイダーセブン)

プロサングエだけじゃ物足りない?フェラーリ『ローマリムジン』を提案

自動車 新車スクープ
フェラーリ ローマリムジン 予想CG
  • フェラーリ ローマリムジン 予想CG
  • フェラーリ ローマリムジン 予想CG
  • フェラーリ ローマリムジン 予想CG
  • フェラーリ ローマリムジン 予想CG
  • フェラーリ ローマリムジン 予想CG
  • フェラーリ ローマリムジン 予想CG

フェラーリは現在ブランド初となる5ドアハイライディングモデル、『プロサングエ』を開発中だが、ラグジュアリーな4ドアリムジンを計画しているという噂を入手した。

予想CGを提供してくれたのは、デザイナーのsugardesign_1だ。同氏はクーペやスポーツカーをシューティングブレークに改造したり、セダンをステーションワゴンにすることで知られるが、今回は別の手法で「ローマ」を4ドアエグゼクティブリムジンに変身させている。

ローマは2019年に発表された比較的新しいモデルだ。オープンモデル「ポルトフィーノ」のクーペ版とも言われ、乗車レイアウトは「2+2」ではなく、「2+クーペ」と表現されている。

予想CGでは、フロントとリアエンドのデザインを流用しているが、2枚の後部ドアを追加、後部乗員に十分なフットスペースを提供するために大幅にホイールベースを延長、ボディシルエットは驚くほどバランスが取れている。

ただし問題が一つある。ローマの全高は1,301mm(51.2インチ)とフィスカー「Karma」の1,331mm、アストンマーティン「Rapide」の1,359mmなどとひかくして車高が低く、クーペルーフのシルエットを維持するとリアヘッドルームがほとんどなくなり、ラグジュアリーリムジンには適してない。もし発売されるなら、大きな改善点となるだろう。

予想されるパワートレインは、ローマとポルトフィーノMの4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力は620ps、最大トルク761Nmと4ドアサルーンとして十分なスペックになるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top