2023年、三菱「ラリーアート」仕様が米国で復活へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

2023年、三菱「ラリーアート」仕様が米国で復活へ!

自動車 ニューモデル
アウトランダー ラリーアートアクセサリー(一部純正アクセサリー)装着車(日本仕様、参考)
  • アウトランダー ラリーアートアクセサリー(一部純正アクセサリー)装着車(日本仕様、参考)
  • エクリプスクロス ラリーアートアクセサリー(一部純正アクセサリー)装着車(日本仕様、参考)
  • RVR ラリーアートアクセサリー(一部純正アクセサリー)装着車(日本仕様、参考)

三菱自動車の米国部門は8月31日、「ラリーアート(Ralliart)」仕様を2023年前半、米国で復活させると発表した。

ラリーアートは、三菱自動車を象徴するモータースポーツのサブブランドだ。世界的に有名なダカールラリーやオフロードレースにおいて、成功を収めてきた歴史がある。

三菱自動車は、伝説的なラリーアートの名前を付したモデルを、2023年前半に米国市場に投入する。『アウトランダー』、『アウトランダー PHEV』、『エクリプス クロス』、『アウトランダー スポーツ』(日本名:『RVR』に相当)、『ミラージュ』が、ホワイトダイヤモンドのボディカラーにブラックルーフなどの専用エクステリアをはじめ、ラリーにインスパイアされたカスタマイズを施す予定だ。

なお、すべてのモデルが限定生産になる、としている。


三菱「ラリーアート」仕様、米国で復活へ…2023年

《森脇稔@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top