お値段3億円...ベントレー史上最強オープン、『バトゥールカブリオレ』開発中の噂! | Spyder7(スパイダーセブン)

お値段3億円...ベントレー史上最強オープン、『バトゥールカブリオレ』開発中の噂!

自動車 新車スクープ
ベントレー バトゥール  コンバーチブル 予想CG
  • ベントレー バトゥール  コンバーチブル 予想CG
  • ベントレー バトゥール
  • ベントレー バトゥール
  • ベントレー バトゥール
  • ベントレー バトゥール

ベントレーは8月21日、「モントレー・カー・ウィーク2022」にて、『マリナー バトゥール』をワールドプレミアしたが、そのオープンモデルが開発されている可能性があることがわかった。

マリナー・バトゥールの心臓部には、6.0リットルW12気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載、最高出力740ps、最大トルク1,000Nmを発揮する同ブランド史上最強クーペとして誕生している。また限定18台、価格は200万ドル(約2億7千万円)と、こちらもベントレー史上最高額の設定となっている。

今回は、バトゥールにコンバーチブルが設定される可能性があるという情報を元に、おなじみ「X-Tomi Design」に予想CGを協力してもらった。「コンチネンタルGTにもコンバーチブルバージョンが設定されており、この噂は可能性が高いとみている。予想CGでは、フロントエンドはそのままにAピラー以降のルーフやリアクォーターウィンドウ削除し修正、綺麗なコンバーチブルに仕上がっている。

クーペ、コンバーチブルでも注目はフロントマスクだ。同ブランドでお馴染みの円形ヘッドライトはなくなり、シャープなLEDデイタイムランニングライトを上部に備えるトリプルビームライトを装備している。またグリルは従来のデザインの多くを継承していると言っていいだろう。

バトゥール開発に大きく関わり、現在ベントレーのデザインディレクターであるAndrieas Mindt氏は、2021年にベントレーに入るまで、25年間VWグループに所属、アウディのEV「e-tron」は同氏の直近の作品だ。おそらく、今後バトゥール コンバーチブルを初め、2025年から市販化されるブランド初のEVにも関わっていくはずだ。

コンバーチブルは2023年内にも導入される可能性があり、価格はクーペの2億7千万円を超える3億円程度が予想される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top