巨漢でも世界トップレベルの高速SUV、起亜『EV9 GT』市販型がニュルで爆走! | Spyder7(スパイダーセブン)

巨漢でも世界トップレベルの高速SUV、起亜『EV9 GT』市販型がニュルで爆走!

自動車 新車スクープ
起亜 EV9 GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 GT 市販型プロトタイプ スクープ写真

起亜は現在、新世代フラッグシップ・クロスオーバーSUVとなる『EV9』を開発中だが、そのハードコアバージョンとみられる『EV9 GT』最新プロトタイプをカメラが捉えた。

EV9は、2021年11月のL.A.オートショーでコンセプトモデルとしてプレビュー。箱型のスタイルと「概念的な」プロポーションによって定義されたEV9は、3列シートのフルエレクトリックSUVとして、北米を初め欧州などで発売が決定している。

ニュルで捉えたプロトタイプは、リアビューカメラの代わりにサイドミラーを装着、Bピラーを装備し、スーサイドドア(観音開きドア)も変更されている。また後部を見ると、ピラーに沿って上部へ伸びるLEDテールライトを確認、コンセプトデザインを継承していることがわかる。

プロトタイプは、足回りには21インチの5本スポークホイールに、フロント255/45、リア285/45のアグレッシブなミシュランパイロットスポーツタイヤ、さらにキャビン内には、レカロシートを装備、ロールバーが配置されているなど、パフォーマンス指向のコンポーネントがみられることから、高性能「GT」バージョンの可能性が高い。

市販型ボディサイズは全4,930mm、全幅2,055mm、全高1,790mm、ホイールベースは3,100mmと、同社の「テルライド」よりも約1cm短くなっているが、3列シートと十分なテクノロジーには十分といえるだろう。

市販型では、ヒュンダイグループのEV専用「E-GMP」プラットフォームを採用、73kWhのバッテリーを積み、航続は最大336マイル(540km)を走破、30分以内に80%の充電を完了する「次世代の超高速充電技術」を備える。また動力性能は0-100km/h加速5秒未満と巨漢ながら高いパフォーマンスを持ち、GTバージョンでは、0-100km/h加速4秒以下、最高出力600ps以上が期待できるだろう。

EV9のワールドプレミアは2023年以内、米国での価格は5万ドル(約675万円)と予想されており、北米、ヨーロッパ、アジアを含む世界中のさまざまな市場で導入が計画されている。またGTバージョンは2024年以降になる可能性もありそうだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top