バイエルンの野獣BMW X5M改良新型、デザイン詳細を予想プレビュー! | Spyder7(スパイダーセブン)

バイエルンの野獣BMW X5M改良新型、デザイン詳細を予想プレビュー!

自動車 新車スクープ
BMW X5M 改良新型 予想CG
  • BMW X5M 改良新型 予想CG
  • BMW X5M 改良新型 予想CG
  • BMW X5M 改良新型 予想CG
  • BMW X5M 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5M 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5M 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5M 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5M 改良新型プロトタイプ スクープ写真

BMWが開発を進めるクロスオーバーSUV、『X5』改良新型の頂点に君臨するハードコア、『X5M』市販型のデザインを予想プレビューした。

予想CGを提供してくれたのは、お馴染みNikita Chuicko氏だ。ニュルで捉えた最新プロトタイプで発覚した通り、水平スラットを備える新デザインのキドニーグリルが装備されている。またスリムなヘッドライトは、ボンネットフードの前縁と接続、バンパーには角張った複数のエアインテークを装着、アグレッシブに仕上げられている。

これまでのスパイショットでは、後部が露出しておらず、ディテールが不明だったが、CGでは情報を元に新設計されたLEDテールライトが描かれているほか、微調整されてバンパー、ディフューザー、クワッドエキゾーストパイプが確認できる。

室内のアップデートでは、EVの『iX』と同様に、独立したデジタルインストルメントクラスターと、インフォテイメントスクリーンを持つ「iDrive8」を採用するはずだ。この更新により、ダッシュボードを新設計、インテリアレイアウトが根本的に刷新される可能性がありそうだ。

X5Mのパワートレインは、現行世代でのダウンサイジングは計画されておらず、4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンがキャリーオーバーされる見込みだ。最新情報では、改良新型は「コンペティション」モデルのみの発売となるとされ、その最高出力は617psに向上すると噂されている。

X5、及びX5M改良新型のワールドプレミアは、2022年内と予想される。

Mr. Nikita Chuicko
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top