【FIRST SHOTS】ブランド初のEV『ポールスター2』、ノーズが進化した!2024モデルを最速スクープ | Spyder7(スパイダーセブン)

【FIRST SHOTS】ブランド初のEV『ポールスター2』、ノーズが進化した!2024モデルを最速スクープ

自動車 新車スクープ
ポールスター2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポールスター2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポールスター2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポールスター2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポールスター2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポールスター2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポールスター2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポールスター2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポールスター2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ポールスターのEVセダン、『ポールスター2』の改良新型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

ポールスター2は2019年にブランド初のEVモデルとしてデビュー。2021年にはソフトウェアアップデートを欧州で開始、「ロングレンジ・デュアルモーター」グレードを対象に最高出力が476psへ向上した。

2022年5月には、エントリーモデル「スタンダードレンジ・シングルモーター」グレードを対象にバッテリーの蓄電容量を69kWhへ拡大、1回の充電での航続を、最大474km(WLTPサイクル)へ引き上げるなど常に進化しているが、今回はエクステリアデザインがテコ入れされるようだ。

オーストリア・アルプスで捉えたプロトタイプは、ほぼフルヌード状態で、フロントドアには「TEST VEHICLE」(テスト車両)の文字が確認できる。またクローズアップで捉えたフロントノーズは、これまでグリルを飾っていた四角いパターンとは異なり、縦基調のバーを装備しているように見える。これに伴いヘッドライト内部グラフィックやバンパーも新設計される可能性がありそうだ。

足回りでは、シルバーのテープで覆われたホイールを装着、合金にセンサーが取り付けられた測定機器があるように見えるため、単に新しいホイールのデザインを隠しているわけではなさそうだ。プロトタイプのホイールには245/45の19インチMichelin Primacyタイヤが装着されていたが、車両の空力をさらに改善する試みが行われている可能性がある。

この大幅改良モデルは、2024年モデルとして2023年春ごろの登場が予想されているが、効率を改善するためのハードウェアの改善、あるいは新しいソフトウェアの更新をもたらすかどうか、興味深いところだ。

ブランド初のEV『ポールスター2』がついにお色直し!? 2024モデルを最速スクープ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top