【FIRST SHOTS】ボディ拡大でオールスペースと統合も...VWティグアン、これが次期型プロダクションモデルだ! | Spyder7(スパイダーセブン)

【FIRST SHOTS】ボディ拡大でオールスペースと統合も...VWティグアン、これが次期型プロダクションモデルだ!

自動車 新車スクープ
VW ティグアン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

VWは現在、コンパクトクロスオーバーSUV『ティグアン』次期型を開発しているが、その最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

初代ティグアンは2008年に登場。2011年の大幅改良を経て、2016年に現行型となる第2世代へバトンタッチ。2020年には「eハイブリッド」の追加など大幅改良がなされた。そして、いよいよ3代目へと世代交代となる。

オーストリア・アルプスで捉えたプロトタイプは、ヘッドライトやグリルにダミーステッカーを貼りデザインを隠している。しかし、市販ボディをまとった車両となっており、次期型のヒントがいくつか見える。

現行型と比較すると、全高はかなり低く抑えられているようだ。フロントノーズはより高く垂直になっている。驚くほど広いエアインテークが見てとれるが、これは最終デザインではないだろう。側面ではより丸みを帯びたラインと、膨らんだホイールアーチを特長とし、より力強さを感じる。

またドアハンドルの位置は現行型より少し低くなっているようだ。

後部ではLEDテールライト、クワッドエキゾーストパイプなどがステッカーで覆われており、最終デザインは不明だ。このティグアンが次期型であること識別する最も簡単な方法は、インフォテイメントのタッチスクリーンがダッシュボードから突き出ているキャビン内を覗くことだろう。

現行型のディスプレイはセンターコンソールに統合されており、大きな違いが見てとれる。また黒い布の下には『ID.4』のような小さなデジタルインストルメントクラスターを隠しているようだ。

プラットフォームはEV向けの「MEB」ではなく、「MQB Evo」の進化系を採用することで多彩なパワートレインに対応すると見られる。エントリーレベルにマイルドハイブリッドのパワートレインを搭載。主力モデルにプラグインハイブリッドを配置し、上位モデルにフルエレクトリックモデルがラインアップされると予想される。

ティグアン次期型のデビューは2024年内とみられる。最新情報ではボディが拡大され、ロングホイールベースの「オールスペース」と統合される可能性があるという。

ボディ拡大で「オールスペース」と統合か、VW『ティグアン』次期型が見えてきた

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top