フルEV開発にも着手?ポルシェカイエン改良新型、これが新設計デザインだ! | Spyder7(スパイダーセブン)

フルEV開発にも着手?ポルシェカイエン改良新型、これが新設計デザインだ!

自動車 新車スクープ
ポルシェ カイエン 改良新型 予想CG
  • ポルシェ カイエン 改良新型 予想CG
  • ポルシェ カイエン 改良新型 予想CG
  • ポルシェ カイエン 改良新型 予想CG
  • ポルシェ カイエン 改良新型プロトタイプ
  • ポルシェ カイエン 改良新型プロトタイプ
  • ポルシェ カイエン 改良新型プロトタイプ
  • ポルシェ カイエン 改良新型プロトタイプ
  • ポルシェ カイエン 改良新型プロトタイプ

ポルシェが現在開発を進める、クロスオーバーSUV『カイエン』改良新型の市販型デザインを大予想した。

第3世代となる現行型(E3K30型)は2018年にデビュー、4年の月日を経てこれが初の大幅改良となる。

カイエンファミリー改良新型のプロトタイプは、現在かなりカモフラージュが削がれてきているが、それでも要所は隠されており、ディテールは不明だだった。お馴染みNikita Chuicko氏に協力を得た予想CGでは、フロントグリルが拡大され、両幅全体に広がっているほか、ヘッドライトの形状がより直列した向きに新設計されている。

リアエンドでは、よりスリムな全幅LEDテールライトが見てとれるが、Spyder7の予想では、両サイドの膨らみはなくなり、均一の幅になるとみている。また下部バンパーでは、よりアグレッシブなディフューザーや、四角いクワッドエキゾーストパイプも新設計されている。

キャビン内では、大刷新されたセンターコンソールとギアシフターを装備、後者は911(992世代)から「シェーバーデザイン」を流用するはずだ。また新インフォテイメントディスプレイの搭載も濃厚と言えるだろう。

改良新型のパワートレインは明らかになっていないが、最新情報によると、2.9リッターV6および4.0リッターV8ガソリンエンジンはより強力になるという。具体的な情報はないものの、更新されたエンジンのラインナップには、修正されたプラグインハイブリッドセットアップが含まれる可能性がある。さらにフルエレクトリックバージョン開発に着手したという情報も入っている。

カイエン改良新型のワールドプレミアは、2022年内と予想されるがクーペなど派生モデルが同時にデビューするかは不明だ。

Mr. Nikita Chuicko
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top