【FIRST SHOTS】ライバルは日産ローグ...VWファミリーSUV『Tharu』が初の大幅改良へ | Spyder7(スパイダーセブン)

【FIRST SHOTS】ライバルは日産ローグ...VWファミリーSUV『Tharu』が初の大幅改良へ

自動車 新車スクープ
VW Tharu/Taos 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW Tharu/Taos 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW Tharu/Taos 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW Tharu/Taos 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW Tharu/Taos 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW Tharu/Taos 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW Tharu/Taos 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW Tharu/Taos 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW Tharu/Taos 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

VWのファミリー向けコンパクトSUV、『タル(Tharu)/タオス(Taos)』の改良新型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

タルはVWグループの「MQB」プラットフォームに基づくコンパクトSUVで、初代となる現行モデルが2018年に発表。発売当時は中国専用モデルだったが、2020年以降は北米、及び南米でタオスとして販売されている。タルは上海VWによって製造されており、ICE駆動とバッテリー駆動バージョンが提供されいてる。一方タオスは、メキシコで生産されている。

今後も欧州での発売は予定されていないはずだが、開発車両はドイツ・ヴォルフスブルク市街地で撮影された。

プロトタイプのフロントエンドには、新設計のヘッドライトを装備しているようだ。ただし、ステッカーでカモフラージュされ、現行型LEDデイタイムランニングライトを装っている。またコーナーエアインテークを含むバンパーも改良中が施されている様子が確認できる。

ボディサイドには今のところ変更は見られないが、リアエンドには新グラフィックのテールライトが装着。おそらく全幅におよぶLEDライトバーとなるだろう。またリフレクターの位置が変更された新しいバンパーが確認できる。

タルとタオスは異なるエンジンをラインアップ。米国では最高出力158ps、最大トルク249Nmを発揮する1.5リットル直列4気筒ターボチャージャーガソリンエンジンを搭載、前輪駆動モデルには8速トルクコンバーター式オートマチックギアボックスがあり、AWDには7速デュアルクラッチトランスミッションが装備される。中国では、最高出力190psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボエンジン、最高出力136psのシングルモーターを搭載するEV「e-Tharu」も提供される。

ワールドプレミアは2023年以降で、市場では日産『ローグ』などと競うことになる。

ライバルは日産ローグ、VWファミリーの小型SUVが初の大幅改良へ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top