V10搭載・最後のウラカン...ランボのワイルドスーパーカー、『ステラート』市販型、最新プロトタイプ&最新情報! | Spyder7(スパイダーセブン)

V10搭載・最後のウラカン...ランボのワイルドスーパーカー、『ステラート』市販型、最新プロトタイプ&最新情報!

自動車 新車スクープ
ランボルギーニ ウラカン ステラート プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランボルギーニ ウラカン ステラート プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランボルギーニ ウラカン ステラート プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランボルギーニ ウラカン ステラート プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランボルギーニ ウラカン ステラート プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランボルギーニ ウラカン ステラート プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランボルギーニ ウラカン ステラート プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランボルギーニ ウラカン ステラート プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランボルギーニ ウラカン ステラート プロトタイプ(スクープ写真)

ランボルギーニは8月21日、クロスオーバーSUV『ウルス』の高性能バージョン「ペルフォルマンテ」を初公開したが、その次に登場すると見られるクロスオーバーモデルが『ウラカン ステラート』だ。「Spyder7」がスクープした最新プロトタイプの姿から、その正体にせまる。

ステラートは、2019年にコンセプトカーとして発表され、その後も何度かプロトタイプがスクープされていた。そしてこの7月にはティザーイメージが公式リリースされている。

今回捉えたプロトタイプはほぼカモフラージュが削がれているが、以前のプロトタイプにあったルーフレールやスキッドプレートが削除され、クロスオーバー感はトーンダウンしている。

しかし、フェンダーにはエクステンションを装着、1.85インチ(47 mm)程度リフトアップされた足回りには、20インチホイールにハイグリップのウィンタータイヤを履いており、これまでのウラカンとは異なるキャラクターが与えられていることは明白だ。

パワートレインは、自然吸気の5.2リットルV型10気筒エンジンを搭載。最高出力640ps、最大トルク601Nm以上が予想され、これがウラカンシリーズ最後のV10エンジンになると思われる。またデュアルクラッチギアボックスとAWDシステムは、オフロード性能を向上させるために調整されている可能性が高い。

ウラカン ステラートのワールドプレミア時期は不明だが、2022年内と予想される。価格は24万ユーロ(約3100万円)で、最新情報によると限定1000台で調整されている可能性があるという。いずれにしても、即完売で「億超え」のプレミアム価格となることは必至だ。

V10最後のウラカンはクロスオーバーに、「ステラート」最新プロトタイプ&最新情報

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top