ホンダ シビック e:HEV 新型試乗!エコノミーでも走り爽快!なシビックです…竹岡圭 | Spyder7(スパイダーセブン)

ホンダ シビック e:HEV 新型試乗!エコノミーでも走り爽快!なシビックです…竹岡圭

自動車 ニューモデル
ホンダ シビック e:HEV
  • ホンダ シビック e:HEV
  • ホンダ シビック e:HEV
  • ホンダ シビック e:HEV
  • ホンダ シビック e:HEV
  • ホンダ シビック e:HEV
  • ホンダ シビック e:HEV
  • ホンダ シビック e:HEV
  • ホンダ シビック e:HEV

「爽快シビック」と名付けられた今回の『シビック』の、ガソリンモデルに試乗した時に、上手いこと名付けたなぁ~と、感心させられたのもまだ記憶に新しいところ。

つまり、パワフルさで言えば、ややドッカンターボ気味だった先代モデルの方があるかもしれないけれど、タイム計測したならば新型の方が速いし、何より走り味が実に爽やかで、これは爽快という他ないなと感じられたんですよね。そのネーミングセンスに感動してしまいました。

ただひとつ惜しむらくは、ハイオクガソリン仕様だったということ。「タイプR」じゃないのにハイオクなのか…と正直思ってしまったんです。

今回新しく加わったハイブリッドの『シビック e:HEV』は、安心のレギュラーガソリン仕様。いわゆる日常車であるシビックを選ぶという場合、エコロジーと言われてもついついエコノミーに目が行ってしまうものですから、ハイブリッドモデル買うならレギュラーじゃないと…と思ってしまうのも当たり前だと思うんですよね。

ちなみに、このパワーユニットシステムは、『インサイト』のアップデート版と考えていただくとわかりやすいと思います。でもインサイトでは正直、パワー不足感も否めなかったし、エンジン音の賑やかさなど気になるところも多かったんです。やはりインサイトは、その生い立ちからして燃費第一主義なところがありますからね。

でも今回は、走り爽快シビックですから、その気になるポイントが上手に解消されていました。アクセルペダルを踏み込んでも、高回転で引っ張ったまま走るような感じが少なくなり、音の賑やかさは収まりましたし、モーターの出力も向上している分、下からのトルク感もアップしていて、これなら力強く走れるシビックのハイブリッドと言ってもおかしくないよね! という感じに仕上がっていました。

そのダイレクトさに加えて、素直でまったくクセのない気持ちの良いハンドリングが合わさり、走って楽しいクルマにはなっていたのですが、ガソリンモデルと比べるとやはり車重があるためか、やや乗り心地のドタドタ感が路面によっては気になるところも…。

ガソリンモデルは軽さと、いい意味での賑やかさでそのあたりは人間の方の感覚が誤魔化されてしまうのだと思います。そんな厳しさを考えると、なかなかのトータルバランスでした。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

竹岡圭|モータージャーナリスト、タレント
「クルマは楽しくなくっちゃネ!」をモットーに、さまざまな媒体で「喋って・書いて・走って」を実践する女性モータージャーナリスト。テレビのバラエティ番組のMCから、官公庁の委員まで、硬軟幅広く携わっている。モータースポーツでも、耐久レースやラリーレイドなど数々のレースに参戦、現在は全日本ラリー選手権に自らチームを立ち上げチャレンジ中。日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J.)副会長。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

【ホンダ シビック e:HEV 新型試乗】エコノミーでも走り爽快!なシビックです…竹岡圭

《竹岡圭@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top