フォードの象徴マスタング新型、歴代初の4ドアモデル誕生か?デザイン大予想 | Spyder7(スパイダーセブン)

フォードの象徴マスタング新型、歴代初の4ドアモデル誕生か?デザイン大予想

自動車 新車スクープ
フォード マスタング 4ドア 予想CG
  • フォード マスタング 4ドア 予想CG
  • フォード マスタング 4ドア スケッチ
  • フォード マスタング 4ドア 予想CG
  • フォード マスタング 4ドア 予想CG

フォードは、9月14日米国で開幕したデトロイトモーターショー2022にて、ブランドの象徴である2ドアスポーツカー『マスタング』新型をワールドプレミアしたが、その4ドアバージョンを大予想した。

ワールドプレミアと同時に、フォードのシニア・エクステリア・デザイナー、クリストファー・スティーブンス氏によるマスタング新型のスケッチが公開されたのだが、注目されたのが、その中の1カットにマスタングの4ドアバージョンが描かれていたことだろう。

そのイラストでは、長いルーフ、コンパクトなリアドアが確認できる。初代マスタングは1964年に誕生、58年間に渡り2ドアクーペのみ販売されている同ブランドの伝統的スポーツカーだが、数年前からポルシェ『パナメーラ』やアウディ『A7』に対抗すべく4ドアクーペ開発の噂があるほか、『マスタング マッハE』が4ドアであることを考慮すれば、マスタング新型に設定される可能性は否定出来ないだろう。

そこで予想CGを制作したのはお馴染み「Sugar Design」だ。フロントエンドは最新のポニーカーからデザインを継承、スケッチより極端ではないクーペルーフ、実用性の高いリアドアを装備している。リアエンドは制作されていないが、マスタングの象徴的なテールライト、クワッドエキゾーストパイプを備えている可能性が高い。

マスタング新型のパワートレインは、2.3リッター直列4気筒ターボチャージャーエンジンと、5.0リッターV型8気筒エンジンが設定されている。このV8を搭載する「GT」では、マスタング史上最も強力なV8が予想されており、最高出力500psオーバーが期待され、4ドアクーペが導入されてもエンジンを共有するだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top