ついに電動化?スズキ『アルトワークス』次期型、2022年内登場か | Spyder7(スパイダーセブン)

ついに電動化?スズキ『アルトワークス』次期型、2022年内登場か

自動車 ニューモデル
スズキ アルトワークス 新型(予想CG)
  • スズキ アルトワークス 新型(予想CG)
  • スズキ アルトワークス 新型(予想CG)
  • スズキ アルトワークス 従来型
  • スズキ アルトワークス 従来型
  • スズキ アルトワークス 初代(1987年)
  • スズキ アルト 現行モデル
  • スズキ アルト 現行モデル

存亡の危機の噂も流れているスズキの軽ホットハッチ、『アルトワークス』。2021年に登場した新型『アルト』には設定されないのでは、と囁かれていたが、2022年秋以降に登場する可能性が濃厚となっていることがわかった。スクープサイト「Spyder7」がその姿を予想する。

初代アルトは1979年に発売。「軽ボンネットバン」として人気を博し、その後の軽自動車市場に多くの影響を与えた。9代目となる現行型は軽量「HEARTECT」(ハーテクト)プラットフォームのアップデート版を採用、剛性を高め、居住空間を拡大。マイルドハイブリッド技術「Sエネチャージ」を採用した「R06D」型エンジンを搭載し燃費性能も高めている。

新型アルトワークスは、660cc直列3気筒ターボバージョンとなる新世代「R06A」型を搭載、5速マニュアルトランスミッション、または5速、AGS(オートギアシフト)と組み合わせる。スズキの技術の粋を集めたチューニングにより、軽快なハンドリング、さらに安定した高速性能、高いレスポンスを提供してくれるはずだ。

画像は気になるエクステリアの予想CGだ。大人しくなったと言われる新型アルトのデザインだが、屋根、ヘッドライト、ミラー、また、サイドアンダーステッカーなどブラック塗装を施し、スポーティなイメージを強調する。

フロントマスクはグリスレスタイプだが、ワークス伝統の三本フィンとワークスロゴの入ったエンブレムを装着。さらに大型のアンダーグリルがレーシーな雰囲気を醸し出す。サイドタイヤハウスには、膨らみを強調させるスリットのデザインなども予想される。

次期型アルトワークスのデビューは、2022年内と予想される。

最後の純ガソリン軽ホットハッチ!? スズキ『アルトワークス』次期型、2022年内登場か

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top