【FIRST SHOTS】ルノー伝説の名車「サンク」復活へ...日産マイクラと兄弟に | Spyder7(スパイダーセブン)

【FIRST SHOTS】ルノー伝説の名車「サンク」復活へ...日産マイクラと兄弟に

自動車 新車スクープ
「ルノー5(サンク)が『R5』として50年ぶりに復活する。写真は開発中のプロトタイプ
  • 「ルノー5(サンク)が『R5』として50年ぶりに復活する。写真は開発中のプロトタイプ
  • コンセプトカーのルノー5(サンク)プロトタイプ
  • オリジナルのルノー5とルノー5 プロトタイプ
  • ルノー『R5』プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー『R5』プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー『R5』プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー『R5』プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー『R5』プロトタイプ(スクープ写真)

ルノーは2021年1月、コンセプトカーの『5(サンク)プロトタイプ』を公開したが、いよいよ正式に市販化に向けた動きが本格化している。開発中のプロトタイプ車両を、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

ルノー5は、1972年に発売されたコンパクトハッチバックで、『4(キャトル)』の後継モデルとして登場した。日本市場には1976年から導入され「ルノーサンク」として親しまれた。「5プロトタイプ」の発表で、「50年ぶりにサンクが蘇る」としてファンを賑わせたが、いよいよ市販モデルの詳細が見えてきた。

捉えたプロトタイプは、『クリオ(日本名:ルーテシア)』のボディを纏っており、そのディティールは不明だ。唯一のヒントは、鋲で留められたフェンダーアーチで、幅の広いトレッドが予想される。またフロントグリルの横には大きな充電ポートを配置しており、その下にはバッテリーを収容する厚いフロアが見える。

コンセプトでは、旧ルノー5を思わせるブロック状のスタイリング、誇張されたフェンダー、そしてスポーティーな外観を備えたレトロ風の外観を特徴としていたが、どこまで反映されるか注目だ。

新型は「R5」として2025年の発売が決定しているが、その詳細は明かされていない。しかし、「CMB-BEV」プラットフォームを日産『マイクラ』の次期型と共有し、兄弟モデルになることが予想されている。同じくルノーのフルエレクトリックモデル(BEV)である『Zoe E-Tech』に置き換わる可能性もありそうだ。

また、ルノースポールに代わるパフォーマンスブランド「アルピーヌ」からもルノー5のホットバージョンが登場すると噂されている。1モーターで前輪を駆動し、最高出力204ps(160kW)を発揮すると言われる。

ルノーファンだけでなく、往年のホットハッチファンにも見逃せないモデルとなりそうだ。

ルノー『5』が日産マイクラの兄弟車として復活!? ホットハッチファンも注目

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top