VWパサート新型とは兄弟...シュコダ『スペルブ』次期型、巨大タッチスクリーンを激写! | Spyder7(スパイダーセブン)

VWパサート新型とは兄弟...シュコダ『スペルブ』次期型、巨大タッチスクリーンを激写!

自動車 新車スクープ
シュコダ スペルブ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スペルブ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スペルブ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スペルブ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スペルブ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スペルブ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スペルブ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スペルブ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スペルブ 次期型プロトタイプ スクープ写真

チェコを拠点とする、シュコダが開発中の『スペルブ』次期型の最新プロトタイプを捉えるとともに、そのキャビ内をスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

スペルブは、ブランド最大の乗用車として1934年から1942年まで製造された歴史的モデルだ。その後2001年、VW「パサート」をベースに59年ぶりに復活、第4世代となる現行型は2015年に発売されおり、2023年の発売を目指し、これが8年振りのフルモデルチェンジとなる。

オーストリアで捉えたプロトタイプは、カモフラージュが厳重ながらも進化したアグレッシブなデザインが認識できる。フロントエンドでは、より大きく、より直立したグリル、ミニマリストなデザインのスリムなヘッドライトを装備。下部には目立つエアカーテンとメッシュインテークを備えた新しいフロントバンパーが確認できる。

約2年前、エクステリアデザイナーのPetr Matusinec氏は、スペルブ次期型に関して、「「モダンソリッド」の基準を満たす2023年のシュコダ スペルブは、パワードーム、より高いストラットを備えた新しい八角形のグリル、およびラジエーターグリルに接続された幅の狭いヘッドランプを備えます。」と語っている。

さらに、「後部では、新しいテールライトはよりスリムなC字型のユニットになり、スペルブは将来もその風格を維持します。そして、市販型では、VWの「MQB」プラットフォームを維持し、パサート新型と兄弟モデルとなります」とかなり踏み込んだ詳細を語っている。

初めて捉えたキャビン内には、センターコンソールから突き出たタブレットのようなタッチスクリーンを搭載、ディスプレイはオクタビアのものよりも大きいように見え、その下のパネルにはタッチセンシティブ・コントロールが含まれていると思われる。フルデジタル化されたインストルメント・クラスターは、これが事実上シュコダのフラッグシップ車であることを考えれば、標準装備となる可能性があるだろう。

スペルブとVWパサート次期型は、ガソリン及びディーゼルの両方にVWグループの最後の燃焼系エンジンを共有、ICEはユーロ7の規制を満たすように設計されており、これら2台のモデルは、少なくとも2030年まで販売される可能性が高い。それぞれプラグインハイブリッドは導入されるが、フルエレクトリック版のパサートは、「エアロB」にバトンタッチされるため発売されない予定だ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top