【FIRST SHOTS】シュコダの7人乗り人気SUV『コディアック』、第2世代は電動化が加速! | Spyder7(スパイダーセブン)

【FIRST SHOTS】シュコダの7人乗り人気SUV『コディアック』、第2世代は電動化が加速!

自動車 新車スクープ
シュコダ コディアック 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ コディアック 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ コディアック 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ コディアック 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ コディアック 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ コディアック 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ コディアック 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ コディアック 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ コディアック 次期型 プロトタイプ スクープ写真

チェコを拠点とする自動車メーカー、「シュコダ」が販売する人気クロスオーバーSUV『コディアック』次期型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

初代となる現行型コディアックは、2016年に発売。プラットフォームにはVWグループの「MQB」を採用、「ティグアン」と同一のホイールベースを持ち、2列3人乗りと3列7人乗りのシートレイアウトが提供されている。

捉えたプロトタイプは開発初期段階であり、現行型ボディをまとうテストミュールだ。しかし、フロントとリアはカモフラージュされ、その下には新設計されたヘッドライトやバンパーが試験的に装着されている可能性がある。また20インチのホイール、赤いブレーキキャリパー、デュアルエキゾーストパイプを装着していることから、高性能「RS」ベースと思われる。

開発車両は、エンジンや車両に対して負荷を発生させ、路行状態を再現するための「ダイナモーター」を牽引、よく見るとボンネットがほかのボディパネルとはことなる色で塗装され、フロントに比べてリア アクスルが地面に対してわずかに低い位置にあるように見える。

次期型では、現行型と同じMQBプラットフォームを採用、電動化をサポートする。パワートレインは、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンを提供、48ボルトのマイルドハイブリッド(MHEV)テクノロジーが導入されるほか、プラグインハイブリッド(PHEV)バージョンが登場する予定だ。

コディアック次期型のデビューはまだ先で、早くとも2023年秋以降になるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top