BMW「M」50周年の本丸!ブランド史上最もスパルタンな『3.0 CSL』、MT採用で1億円超え確実 | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW「M」50周年の本丸!ブランド史上最もスパルタンな『3.0 CSL』、MT採用で1億円超え確実

自動車 新車スクープ
BMW 3.0 CLS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 3.0 CLS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 3.0 CLS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 3.0 CLS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 3.0 CLS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 3.0 CLS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 3.0 CLS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 3.0 CLS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 3.0 CLS 市販型プロトタイプ スクープ写真

BMWは現在、「M4 CSL」をベースとした軽量ハードコアモデル『3.0 CSL』を開発しているが、その市販型に関する詳細を入手、そのすべてが見えてきた。

3.0 CSLは、1973年にヨーロッパツーリングカー選手権で初優勝を遂げた伝説のモデルをオマージュ、BMW「M」50周年を記念して登場する様々なモデルの本丸と言えそうだ。

これまでで最も高価な新しいBMWである3.0 CSLは、M4 CSL同様に後輪駆動でのみ販売されるが、2つの大きな違いの1つは、マニュアルギアボックスが利用できることだろう。おそらくこの超高級パフォーマンスカーは6速MTで販売されると思われる。パワートレインは、3.0リットル直列6気筒ツインターボ「S58」エンジンを搭載、最高出力560psを発揮すると見られ、M4 CSLのツインターボ3.0リッター直列6気筒エンジンを10ps、M4コンペティションを50ps上回ることになる。

「3.0 CSL E9」に相当する新型モデルは、より多くのパワーを備えているだけでなく、重量が削減され、車重は1,550 kg (3,417ポンド)になると予想、M4コンペティションクーペと比較して100 kg (220ポンド)軽量化されたM4 CSLよりも、さらに75 kg (165ポンド)削減されている。これらにより、0-100km/h加速は3.5秒とM4 CSLよりも0.2秒速くなると考えられている。この数値はあまり印象的ではないかもしれないが、マニュアルトランスミッションの車と超高速オートマチックを装備した車を比較していることを忘れてはいけない。

3.0 CSLのワールドプレミアは、2022年11月が最有力で、限定50台を製造、内30台がヨーロッパ、8台がアジアに出荷されるという情報が入っているが、残りの12台は現段階で不明だ。また価格は、750,000ユーロ(約1億400万円)と予想されており、ベースモデルのM4 CSLが約2千万円ということを考慮するとかなり高い価格だが、ブランド史上最もスパルタンな伝説のモデルとして歴史に刻まれることになりそうだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top