車内高級化が発覚... VWティグアン次期型、独立型巨大タッチスクリーンを激写! | Spyder7(スパイダーセブン)

車内高級化が発覚... VWティグアン次期型、独立型巨大タッチスクリーンを激写!

自動車 新車スクープ
VW ティグアン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

VWが販売するコンパクトクロスオーバーSUV『ティグアン』次期型の最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

2代目となる現行型ティグアンは2016年に発売。2020年には「eハイブリッド」の追加など大幅改良がなされているが、7年ぶりのフルモデルチェンジに向けて開発が進められている。

捉えたプロトタイプは、依然として現行型を模倣した黒いテープやステッカーでカモフラージュされている。しかしズームインすると、最終デザインのスリムなヘッドライトや、EVシリーズの『ID.4』に似た上部グリルなど、ステッカーの下にあるさまざまなコンポーネントシルエットやデザインが見えている。

次期型ではフルエレクトリック(BEV)も登場予定だが、このプロトタイプ車両はグリルを装備していることからICE(内燃機関)モデルであることがわかる。フロントバンパー下部には、全幅に広がる大開口インテークを装備。コーナーには現行型に似せたインテークのステッカーがみえるが、より直立に、より四角い形状になると予想される。全体的にみるとID.4と『トゥアレグ』をミックスしたイメージとなるだろう。

リアエンドでは、スリムなLEDテールライトを隠すステッカーが貼られているほか、バンパーやエキゾーストパイプに至るまでデカールで厳重にカモフラージュされている。

次期型はボディの拡大が予想されており、ロングホイールベースの「オールスペース」と統合される可能性がある。

次期型は基本的なボディシルエットを維持するものの、その内部は別物だ。コックピットには、中央タッチスクリーンがダッシュボードとは独立した、まったく新しいレイアウトが見てとれる。空調やナビ/ラジオの操作など、ほとんどの機能がディスプレイ上に集約されるはずだ。一方、ダッシュボードの残りの部分はカバーされているため、他の詳細を推測することは不可能ながら、デジタル化、高級化路線は確実と言えるだろう。

プラットフォームはEV向けの「MEB」ではなく、「MQB Evo」の進化系を採用することで多彩なパワートレインに対応すると見られる。エントリーレベルにマイルドハイブリッド(MHEV)のパワートレインを搭載。主力モデルにプラグインハイブリッド(PHEV)を配置し、上位モデルにEVがラインアップされると予想されるが、EVの登場は遅れると思われる。

最新情報では、ティグアン次期型のデビューは2023年内とされる。

車内のデジタル&高級化は確実!VW『ティグアン』次期型の内装をスクープ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top