EV版「魔法のカーペット」をニュルで初披露!ロールスロイス『スペクター』、ディスプレイを鮮明に激写 | Spyder7(スパイダーセブン)

EV版「魔法のカーペット」をニュルで初披露!ロールスロイス『スペクター』、ディスプレイを鮮明に激写

自動車 新車スクープ
ロールスロイス スペクター プロトタイプ(スクープ写真)
  • ロールスロイス スペクター プロトタイプ(スクープ写真)
  • ロールスロイス スペクター プロトタイプ(スクープ写真)
  • ロールスロイス スペクター プロトタイプ(スクープ写真)
  • ロールスロイス スペクター プロトタイプ(スクープ写真)
  • ロールスロイス スペクター プロトタイプ(スクープ写真)
  • ロールスロイス スペクター プロトタイプ(スクープ写真)
  • ロールスロイス スペクター プロトタイプ(スクープ写真)
  • ロールスロイス スペクター プロトタイプ(スクープ写真)

ロールスロイスが、2023年にも発売を計画しているブランド初の量産EV『スペクター』。その最新プロトタイプのニュルブルクリンクでの走りとコックピットを鮮明にスクープすることに成功した。

スペクターのプロトタイプが最初に公開されてから約1年が経過した。これまでもスパイショットを多数捉えてきたが、ニュルブルクリンクでの撮影は初めてだ。

“緑の地獄”として知られる世界最難関コース、ニュルブルクリンク「ノルドシュライフェ」に出現したプロトタイプは、驚くほどフラットな走りを見せた。サスペンションのチューニングがスペクター開発の焦点となっていたが、スクープカメラマンによると、同社の代名詞「マジックカーペット」(魔法の絨毯)の滑らかな走りが外からでも見てとれたという。

ロールスロイスCEOのTorsten Muller-Otvos氏が、メディアに「テスラのような滑稽なモードを搭載することはありません。それは私たちの意図ではありません。スペクターは、その最も印象的な形で漂流性を提供します。それは、ガルフストリーム社のプライベートジェット機が離陸した感覚です」と語っており、その乗り心地に注目が集まる。

キャビン内は、フルデジタルインストルメントクラスターや、ディスプレイがより鮮明に映されている。エアコン吹出口やセンタースタックにSUV『カリナン』との類似点が見られるほか、BMWのカーブド(湾曲)ディスプレイに似た2面ディスプレイを備えているようだ。おそらくBMWのインフォテイメントソフトウェア「iDrive8」のロールスロイス専用バージョンを採用するとみられる。

スペクターは2ドアクーペだが、BMWのプラットフォームをベースとした『レイス』とは異なり、『カリナン』、『ゴースト』、『ファントム』と共通の「Architecture of Luxury」アルミニウムスペースフレームを採用する。EVスペックは、BMW『i7』と大部分を共有すると噂されており、120kWhのバッテリーとデュアルモーターを搭載し、最高出力600~650psを発揮、航続距離は700kmと予想される。

スペクター市販型のワールドプレミアは、2023年内と予想される。

「魔法のカーペット」はEVでも健在!? ロールスロイス『スペクター』最新の内外装を激写

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top