3列7人乗りも設定か!? VWティグアン次期型、最後のガソリンモデルを完全プレビュー! | Spyder7(スパイダーセブン)

3列7人乗りも設定か!? VWティグアン次期型、最後のガソリンモデルを完全プレビュー!

自動車 新車スクープ
VW ティグアン 次期型 予想CG
  • VW ティグアン 次期型 予想CG
  • VW ティグアン 次期型 予想CG
  • VW ティグアン 次期型 予想CG
  • VW ティグアン 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • VW ティグアン 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • VW ティグアン 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • VW ティグアン 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • VW ティグアン 次期型 プロトタイプ スクープ写真

VWの欧州CセグメントクロスオーバーSUV『ティグアン』次期型のプロトタイプを春以降複数回捉えていますが、その最終デザインを大予想した。

ティグアンは2代目となる現行型を2016年に発売。2020年には「eハイブリッド」の追加など大幅改良がなされているが、いよいよ3代目に世代交代がなされる。

予想CGを提供してくれたのはデザイナーのNikita Chuicko氏だ。エクステリアを大まかに言うと、フルエレクトリック『ID.4』デザインイメージだ。現行型よりかなり大型化され、トゥアレグよりも一回り小さい印象を受ける。また完全に新設計されたフロントエンドを持ち、ボックス型の現行モデルより滑らかなデザインに刷新されている。

以前捉えたプロトタイプでは、LEDテールライトをつなぐストリップライトバーが同色テープで偽装されていたが、CGでは鮮やかに描かれている。またダミーのエキゾーストパイプは消され、新型では、バンパーの下に隠す滑からなテールエンドが予想される。

燃焼エンジンを搭載する最後の世代と思われるこの次期型は、EV向けの「MEB」ではなく、「MQB Evo」の進化系を採用。パワートレインは、VWグループのこれまでで最もクリーンなICEエンジンを提供し、今後数年以内に施行されると予想されるEuro7規制に適合するように設計されるという。またeHybridバージョンは微調整され、より多くの電気走行距離を実現すると思われる。

キャビン内は、最新のスパイショットにより、小さなデジタルインストルメントクラスターと、インフォテインメントのタッチスクリーンがダッシュボードから突き出ている、「ID.4」風レイアウトが確認されている。

ティグアン次期型のワールドプレミアは2023年内と予想、ボディが拡大され、ロングホイールベースの「オールスペース」と統合される可能性があり、その場合はティグアンに3列7人乗り仕様も導入されるだろう。

Mr. Nikita Chuicko
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top