アウディ最強EVクロスオーバー『Q6 e-tron RS』がニュル初見参...ブーストパワーで最大646ps! | Spyder7(スパイダーセブン)

アウディ最強EVクロスオーバー『Q6 e-tron RS』がニュル初見参...ブーストパワーで最大646ps!

自動車 新車スクープ
アウディ Q6 e-tron RS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron RS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron RS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron RS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron RS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron RS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron RS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron RS 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron RS 市販型プロトタイプ スクープ写真

アウディが現在開発中の新型エレクトリッククロスオーバーSUV、『Q6 e-tron』に設定される最強バージョン、『Q6 e-tron RS』市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

ベースモデルのQ6 e-tron開発車両は、今夏に何度か目撃していたが、ホットな「RS」は3月以来初めてだ。ニュルで捉えたプロトタイプは、デザイン詳細は隠しているものの、実用的なスクエアバックSUVボディが確認てきる。

フロントエンドには、トレンドの上下二段スプリットヘッドライトを装備、大型コーナーエアインテーク、突き出たリップスポイラーなどが見てとれる。Q6 e-tronはEVであるため、リアエンドにRS特有のクワッドエキゾーストパイプは見られないが、足回りにはアップグレードされたブレーキが黒いホイールの後ろに隠れているほか、複数の「RS」バッジがパフォーマンスモデルであることを際立たせてくれる。

市販型では、ポルシェと共同開発したプレミアム・プラットフォーム・エレクトリック(PPE)アーキテクチャを採用、同プラットフォームを採用するマカンEVとは兄弟モデルとなる。

ベースモデルのパワートレインには、シングルモーターとデュアルモーターバージョンを用意、システム合計476psを発揮すると予想されている。一方「RS」では、最高出力600psを発揮するが、ブーストにより2.5秒間最大646psまで向上させることが可能だ。

Q6 e-tronのワールドプレミアは、2023年前半と予想されており、RSはその数カ月後、遅れれば2024年初頭となるだろう。またRSの下に位置する「S」モデルも開発中と噂される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top