スバル フォレスター 、オフローダー「ウィルダネス」仕様を設定!12月米国発売へ | Spyder7(スパイダーセブン)

スバル フォレスター 、オフローダー「ウィルダネス」仕様を設定!12月米国発売へ

自動車 ニューモデル
スバル・フォレスター・ウィルダネス
  • スバル・フォレスター・ウィルダネス
  • スバル・フォレスター・ウィルダネス
  • スバル・フォレスター・ウィルダネス
  • スバル・フォレスター・ウィルダネス
  • スバル・フォレスター・ウィルダネス
  • スバル・フォレスター・ウィルダネス
  • スバル・フォレスター・ウィルダネス
  • スバル・フォレスター・ウィルダネス

SUBARU (スバル)の米国部門は9月30日、SUVの『フォレスター」のオフロード仕様、『フォレスター・ウィルダネス』(Subaru Forester Wilderness)の2023年モデルを発表した。現地ベース価格は、3万4020ドル(約495万円)で12月、米国市場で発売される予定だ。

ウィルダネスの第一弾モデルが、2021年3月に米国で発表された『アウトバック・ウィルダネス』だ。乗用車とSUVの長所を融合させたスバルのフラッグシップクロスオーバーSUVの『アウトバック』をベースに、アウトドアシーンで頼れる走破性と機能性をさらに強化し、タフでラギッドなキャラクターに磨きをかけたモデルとして登場した。

◆タフでラギッドなキャラクターに磨きをかけたデザイン

フォレスター・ウィルダネスは、アウトバック・ウィルダネスに続く、ウィルダネスシリーズ第二弾モデルだ。安心感や走りの楽しさなど、『フォレスター』が従来から提供し続ける価値はそのままに、タフでラギッドなキャラクターに磨きをかけたデザインと、走破性や機能性を強化している。

フォレスター・ウィルダネスの特長のひとつが、機能性の高さとそれを表現したデザインだ。ボディ全周に渡って装着したブラックカラーの立体的なプロテクションパーツは、たくましさを表現するとともに、車体を保護する役割も兼ね備える。大胆な六角形のブラックグリル、大型ホイールアーチクラッディング、フロントスキッドプレート、六角形のLEDフォグランプ、アンチグレアフードデカールを専用装備している。

また、標準モデルに対して幅を約20mm拡大したルーフレールは、最大積載量を増やすとともに、片側3か所のレッグ部分にそれぞれロープ穴を設けて、機能性を強化した。このレッグ部分には、アナダイズドイエローのアクセントカラーをあしらう。

◆専用スプリングで最低地上高は233mmに向上

足回りには、不安定な路面でも高いグリップ力を発揮するヨコハマ製のオールテレーンタイヤ「GEOLANDAR」を装備した。マットブラック仕上げの専用17インチアルミホイールと組み合わせる。タイヤの側面には、白い文字がエンボス加工された。スペアタイヤは、フルサイズタイヤが標準だ。

サスペンションに専用コイルスプリングを採用することで、最低地上高を約233mmまで引き上げ、悪路走破性を高めた。また、サスペンションセッティングにより、コーナリング時のロール角を抑制し、オンロードの走りも追求している。

パワートレインには、直噴2.5リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンを搭載する。最大出力は182hp、最大トルクは24.3kgmを引き出す。レシオカバレージを拡大し、ファイナルギア比をローギア化したCVTの「リニアトロニック」を組み合わせることで、駆動力を高めている。また、空冷オイルクーラーを追加することで、標準モデルの2倍に当たる約1360kgの牽引能力を確保した。駆動方式はシンメトリカルAWDとしている。

◆イエローのアクセントが入る撥水シート

インテリアは、アナダイズドイエローをアクセントに、ブラックとグレーのダークトーンで全体をコーディネートした。撥水性のある表皮を使用したシートも採用し、アウトドアでも使える機能性を追求している。

8.0インチのマルチメディアナビゲーションシステム、ハーマンカードン製プレミアムサウンドシステム、パワーリアゲートは、オプションパッケージとして選択できる。

最新の「アイサイト」を標準装備した。強化されたシステムは、広い視野と改良された制御ソフトウェアにより、全体的なパフォーマンスを引き上げ、より広い範囲の条件下で作動する。最新のアイサイトには、新しい自動緊急ステアリングが採用された。この新機能は、衝突前ブレーキシステムと連動して、80km/h以下の速度での衝突を回避するために、ステアリング制御を支援する、としている。

スバル フォレスター にオフローダー「ウィルダネス」仕様を設定、12月米国発売

《森脇稔@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top