デビュー目前か...ルノーエスパス後継モデルの正体は7人乗りラージ「オーストラル」? | Spyder7(スパイダーセブン)

デビュー目前か...ルノーエスパス後継モデルの正体は7人乗りラージ「オーストラル」?

自動車 新車スクープ
ルノー エスパス 後継モデル 予想CG
  • ルノー エスパス 後継モデル 予想CG
  • ルノー エスパス 後継モデル 予想CG
  • ルノー エスパス 後継モデル 予想CG
  • ルノー エスパス 後継モデル 市販型プロダクション スクープ写真

先日、ルノー新型モデルのプロトタイプをカメラが捉えたが、その市販型デザインを大予想した。

スペインで捉えたプロトタイプは、オーストラルに似ているが、より長いリアオーバーハングが確認できるほか、ルーフラインが異なり、リアエンドが新設計されていた。そのサイズ感から、おそらく3列7人乗りレイアウトで、後席乗員用の十分なスペースと、ラゲッジルームを備えたオーストラルのミニバンバージョンと予想したが、ミニバンではなく大型クロスオーバーSUVである可能性が高いことがわかった。

エスパスは、1980年代から大型MPVやミニバンとしてルノーのラインナップに欠かせない存在だった。第5世代となる現行型は2015年に発売。2020年にはクロスオーバースタイルを採用してフェイスリフトされたが、人気の低迷から2022年末までに廃止されると予想されている。ただし、次のバージョンではボディの変形が行われるようなのだ。

おなじみMr. Nikita Chuickoから提供されたCGは、基本的に新しいルノー「オーストラル」だが、3列目を収容するためにリアエンドが拡大されている。これは、プジョー3008と5008の関係に似ているかもしれない。

ただし、エスパス ミニバンの終了とエスパスラージSUVの登場は、現時点では確認されていないほか、市販時には、エスパスの名前を採用する可能性もあるものの、「オーストラル エスパス」となるのか、単に「エスパス」となるかも明らかになっていない。

オーストラル エスパス/エスパス(仮)のワールドプレミアは、最速で10月17日開幕のパリモーターショーと噂されており、そのすべてが明かされるまであと僅かだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top