VW パサートと最後の燃焼系エンジンを分かち合う...シュコダ『スペルブ』、これが大刷新された次期型だ! | Spyder7(スパイダーセブン)

VW パサートと最後の燃焼系エンジンを分かち合う...シュコダ『スペルブ』、これが大刷新された次期型だ!

自動車 新車スクープ
シュコダ スペルブ 次期型 予想CG
  • シュコダ スペルブ 次期型 予想CG
  • シュコダ スペルブ 次期型 予想CG
  • シュコダ スペルブ 次期型 予想CG
  • シュコダ スペルブ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スペルブ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スペルブ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スペルブ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スペルブ 次期型 プロトタイプ スクープ写真

Spyder7では、9月終わりにシュコダが開発中の『スペルブ』コンビ次期型の最新プロトタイプを捉えたが、早くもその市販型予想デザインが到着した。

スペルブは、ブランド最大の乗用車として1934年から1942年まで製造された歴史的モデルだ。その後2001年、VW「パサート」をベースに59年ぶりに復活、第4世代となる現行型は2015年に発売されおり、2023年の発売を目指し、これが8年振りのフルモデルチェンジとなる。

お馴染み Nikita Chuicko氏から提供された予想CGは、プロトタイプでかくされたいたヘッドライト周り、グリルをはじめ下部の大型エアインテーク、エアガイドを備えるコーナーインテークなどを見事に完成させている。

リアエンドでは、よりスリム化されたLEDテールライトが、ストリップライトバーで結ばれているほか、エキゾーストパイプはバンパー奥に配置されるデザインとなっている。

先日捉えたプロトタイプから、内部にはいくつかの大きな変更がありそうだ。コックピットには、ブレットのようなディスプレイを搭載、ディスプレイはオクタビアのものよりも大きいように見え、その下のパネルにはタッチセンシティブ・コントロールが含まれていると思われる。

次期型では、VWの「MQB」プラットフォームを維持し、パサート新型と兄弟モデルとなっている。

スペルブとVWパサート次期型は、ガソリン及びディーゼルの両方にVWグループの最後の燃焼系エンジンを共有、ICEはユーロ7の規制を満たすように設計されており、これら2台のモデルは、少なくとも2030年まで販売される可能性が高い。それぞれプラグインハイブリッドは導入されるが、フルエレクトリック版のパサートは、「エアロB」にバトンタッチされるため発売されない予定だ。

Mr. Nikita Chuicko
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top