ミニバンもパフォーマンスを競う時代?2000馬力のフォード『スーパーバン』、セグメントでニュル最速狙う | Spyder7(スパイダーセブン)

ミニバンもパフォーマンスを競う時代?2000馬力のフォード『スーパーバン』、セグメントでニュル最速狙う

自動車 新車スクープ
フォード プロ・エレクトリック・スーパーバン プロトタイプ スクープ写真
  • フォード プロ・エレクトリック・スーパーバン プロトタイプ スクープ写真
  • フォード プロ・エレクトリック・スーパーバン プロトタイプ スクープ写真
  • フォード プロ・エレクトリック・スーパーバン プロトタイプ スクープ写真
  • フォード プロ・エレクトリック・スーパーバン プロトタイプ スクープ写真
  • フォード プロ・エレクトリック・スーパーバン プロトタイプ スクープ写真
  • フォード プロ・エレクトリック・スーパーバン プロトタイプ スクープ写真
  • フォード プロ・エレクトリック・スーパーバン プロトタイプ スクープ写真
  • フォード プロ・エレクトリック・スーパーバン プロトタイプ スクープ写真

フォードの高性能ミニバン『Pro Electric SuperVan』(プロ・エレクトリック・スーパーバン)プロトタイプが、雨中のニュルブルクリンクに出現した。

フォード エレクトリック スーパーバンは、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでデビュー、モータースポーツにインスパイアされたエアロと、シャーシのセットアップを備えたトランジットベースのバンだ。そのEVパワートレインは、4つの電気モーター、50kWの水冷バッテリーを搭載、最高出力は2000psを発揮し0-100km/h加速は2秒以内と驚異的パフォーマンスを持っています。このワンオフEVがトラックで何をしているのかは謎だが、ニュル最速ミニバンの称号を狙いにきたのかもしれない。

フォードプロエレクトリックスーパーバンは、EU仕様のフォード マスタング マッハ1と一緒に出現。ほぼすべてのボディパネルはカーボンファイバーでカスタムメイドされており、フォードE-Transit Customとはフロアプランを共有しているが、まったく別ものだ。アグレッシブなボディキットは、フロントバンパーの大きな開口部、際立つスプリッター、空力フィン、幅広のフェンダー、およびリアエンドに向かって空気を流すサイドの2つの大きなギャップを備えていることがヌードボディから確認できる。

インテリアは取り除かれ、レーシングシート、ロールケージ、シンプルな計器ディスプレイ、タブレットのような大きなインフォテインメント画面だけになっている。ドライバーは、ロード、トラック、ドラッグ、ドリフト、ラリーなどのモードが選択可能で、1つの車軸をロックし、もう1つの車軸を回転させるタイヤクリーニング設定もある。

今の所、市販化の情報はないが、ニュル最速ミニバンの称号を引っさげサプライズ発売があるかも知れない。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top