BMW 8シリーズ、次期型はクーペ&カブリオレ廃止か...グランクーペはEVで存続へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW 8シリーズ、次期型はクーペ&カブリオレ廃止か...グランクーペはEVで存続へ!

自動車 新車スクープ
BMW 8シリーズ グランクーペ
  • BMW 8シリーズ グランクーペ
  • BMW 8シリーズ グランクーペ
  • BMW 8シリーズ グランクーペ
  • BMW 8シリーズ グランクーペ
  • BMW 8シリーズ グランクーペ
  • BMW 8シリーズ グランクーペ
  • BMW 8シリーズ グランクーペ

BMWのフラッグシップモデル『8シリーズ』が、次期型でクーペ及びカブリオレを廃止し、4ドアクーペの「グランクーペ」のみ販売される可能性が高いことがわかった。

初代8シリーズ「E31」型は1990年に登場、1999年まで販売された。その後2018年に復活、第2世代へとバトンタッチされ、現在のラインアップは、2ドアカブリオレ(G14)、2ドアクーペ(G15)、4ドアクーペ(G16)となっている。

現行型8シリーズでは、2022年はじめにLCIモデル(フェイスリフト)が投入されており、2025年には3代目へ世代交代が期待されている。しかしクーペとカブリオレは廃止される可能性が高く、4ドアクーペのグランクーペのみ残るという。またガソリンとディーゼルは導入されず、フルエレクトリックモデルのみの設定が予想されている。

現在BMWは、「Neue Klasse」と呼ばれるEV専用プラットフォームに取り組んでいるが、NEアーキテクチャで8シリーズを構築するには時期尚早とみているようだ。コードネーム「G77」と呼ばれる8シリーズグランクーペ次期型は、現行型ICE搭載モデルで採用されている後駆動ベースの「CLAR」プラットフォームを使用するとみられる。

次期型は、2026年から生産開始となっており、来年発表予定のEV「i5」と、すでに発表されている「i7」の間を埋めるモデルになるが、市販型の車名には「8」という数字が入ると予想される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top