日産『パトロール』、NISMOの次は強靭な「WARRIOR」設定へ...これが市販型だ! | Spyder7(スパイダーセブン)

日産『パトロール』、NISMOの次は強靭な「WARRIOR」設定へ...これが市販型だ!

自動車 新車スクープ
日産 パトロール ウォリアー 予想CG
  • 日産 パトロール ウォリアー 予想CG
  • 日産 パトロール ウォリアー 予想CG
  • 日産 パトロール ウォリアー 予想CG
  • 日産 パトロール
  • 日産 パトロール

日産は、大型クロスオーバーSUV『パトロール』に、強靭な「WARRIOR」(ウォリアー)を設定することを発表したが、その予想CGを入手した。

6代目となる現行型パトロールは2010年に登場、2019年に大幅改良を受けたほか、2021年4月にはスポーティーな「NISMO」バージョンが設定された。現在米国では「アルマーダ」として、中東や世界の他の地域でパトロールとして販売されている。

オフロードに焦点を当てた「WARRIOR」バージョンを予想してくれたのは、お馴染みMr. Nikita Chuicko氏だ。CGのフロントエンドでは、バンパー下部セクションを新設計、スキッドプレートが追加されている。その上にはブラックアウトされたグリルと日産のロゴを配置、C型LEDデイタイムランニングライトに囲まれたLEDヘッドライトを装備している。

照明クラスターは変更されていないようだが、より大きなオフロードホイールを収容する新しい黒いプラスチッククラッディングを装備、もっとも興味深いのは、デュアルサイドエキゾーストパイプだろう。

リアエンドも頑丈すぎるわけではないが、新設計のディフューザー、ホイール アーチ、マッドフラップ(泥除け)により、オフロードの地形に取り組む準備ができているように見える。またボディはわずかにリフトアップされ、サイドシルの周りに追加の保護クラッディングが見られる。

初期情報によると、サスペンションとシャシーへのさらなる変更が予想されるが、5.6リッターV型8気筒エンジンを継承、NISMO仕様同様の最高出力428ps、最大トルク560Nmを発揮、7速オートマチックギアボックスと組み合わされる。

Mr. Nikita Chuicko
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top