2024年、ルノー×ボルボ新型ハイブリッド・クーペSUVを発売へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

2024年、ルノー×ボルボ新型ハイブリッド・クーペSUVを発売へ!

自動車 新車スクープ
ルノー 新型クーペSUV ティザーイメージ
  • ルノー 新型クーペSUV ティザーイメージ
  • 2024年、ルノー×ボルボ新型ハイブリッド・クーペSUVを発売へ!
  • ルノー 新型クーペSUV ティザーイメージ

ルノーは、ジーリー(吉利)と傘下のボルボが開発したアーキテクチャをベースとする、新型クロスオーバークーペSUVを2024年に発売することを発表、そのティザーイメージを初公開した。

この新型モデルは、吉利とのパートナーシップから生まれた最初のルノーモデルとなる。ルノーコリアモーターズ(RKM)は、国内および海外市場で販売するために韓国で製造する。これは、ボルボXC40やLynk & Co 01などの車両を支えるボルボのコンパクトモジュラーアーキテクチャプラットフォームに基づいているため、他のすべてのルノー モデルとは異なるのだ。

現在わかっていることは、効率的なハイブリッドパワートレインを搭載し、Dセグメント市場で競合することだ。メーカーは、「この車両は、非常に有望な新しいハイブリッドプラットフォームを活用するRKMの能力も示しています」とプレスリリースで発表、「テクノロジーとイノベーションが、モビリティとデジタルライフを結びつけ、思いやりのあるサービスを提供する未来に、搭乗者を導きます」と付け加えられている。

リリースされたティザーイメージでは、洗練されたクーペSUVシルエットがわかるほか、スリムなヘッドライト、ボンネットとフロントクォーターパネルの際立つプレスライン、滑らかなルーフライン、高いテールゲート、ルーフに取り付けられたスポイラーなどが見てとれる。

ルノーは今後6年間で韓国に9億ユーロ(約13億円)以上を投資、ルカ・デメオ最高経営責任者(CEO)は、この国が今後数年間で重要な生産拠点として機能すると述べている。

このSUVを起点に今後両メーカーは、新型スポーツカーを開発する可能性もありそうだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top