【FIRST SHOTS】リアウィンドウはよりアグレッシブに...メルセデスベンツEクラス次期型、「ステーションワゴン」存続へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

【FIRST SHOTS】リアウィンドウはよりアグレッシブに...メルセデスベンツEクラス次期型、「ステーションワゴン」存続へ!

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

メルセデスベンツは現在、欧州Eセグメント『Eクラス』次期型を開発しているが、そのステーションワゴン版『Eクラス ステーションワゴン』の市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

2021年12月に、次世代Eクラスセダン(コードネームW124)のプロトタイプを捉えて以来、度々その姿が目撃されてきたが、ステーションワゴンは初となる。

捉えたプロトタイプは、セダン同様にフルカモフラージュが施されディティールは不明だ。フロントエンドはセダンと同じように見える。グリルに2本のバーがあることからAMGバージョンではないようだ。またヘッドライトの上部に沿ってLEDデイタイムランニングライトが走っており、下部には湾曲した形状が見える。これはターンシグナルランプだと思われる。

リアウィンドウは現行型より角度がついており、昨今のシューティングブレークに近いスポーティなスタイルとなりそうだ。

キャビン内は、最新の技術を備えた『Sクラス』風のレイアウトが予想されており、フルLEDグラフィックスによる近代的な照明ユニットをはじめ、標準で11.9インチディスプレイ、オプションではSクラスと同様の12.9インチOLEDが提供される。

本格的なEV時代が到来する前の、最後のICE(内燃機関)搭載メルセデスになると予想される次期型Eクラス。「MRA2」アーキテクチャを採用し、48Vマイルドハイブリッドやプラグインハイブリッドなど、厳格なユーロ7規制を満たすために全モデルが電動化される。ただし、全ラインアップが直列4気筒となったCクラスと異なり、直列6気筒は残される。このハイエンドモデルには、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジン+マイルドハイブリッドを組み合わせ、最高出力368psを発揮するとみられる。

シューティングブレーク風?メルセデスベンツ『Eクラスワゴン』次期型を初スクープ!

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top