ボルボXC90後継EV『EX90』、内装を先行公開!エクステリアはこうなる | Spyder7(スパイダーセブン)

ボルボXC90後継EV『EX90』、内装を先行公開!エクステリアはこうなる

自動車 新車スクープ
ボルボ EX90 ティザーイメージ
  • ボルボ EX90 ティザーイメージ
  • ボルボ EX90 ティザーイメージ
  • ボルボ EX90 特許画像
  • ボルボ EX90 特許画像
  • ボルボ EX90 特許画像
  • ボルボ EX90 特許画像

ボルボは現在開発を進める新型のエレクトリック・クロスオーバーSUV、『EX90』の内装の一部を先行公開した。

EX90は、フラッグクロスオーバーSUV『XC90』の後継モデルとして開発しているとみられ、「リチャージコンセプト」の市販型となるフルサイズ「EX100」(仮称)の下に位置するモデルと思われる。

開発にあたり、ボルボのデザイナーは「今日の世界でラグジュアリーとは何を意味するのか」という問題に取り組んだという。そしてその答えは「ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニの高性能モデルにわずかな価格で追いつき、打ち負かすことができる世界であり、馬力や加速などの古い指標は、充電時間と航続距離によって一掃されました」とコメントしている。

市販型では、ペットボトルや松脂などのリサイクル素材から作られたノルディコという新素材を採用するほか、バックライトとして使用するFSC(森林管理協議会)認定の木製パネルも備える。さらに厳格な動物福祉と環境基準を満たすシート仕上げ用のウールブレンドを調達し、約50kg(110ポンド)の再生プラスチックと、バイオベースの材料が採用されているという。

またインテリアの装飾や内装には、ボディカラーと「同期」させる7つの「ルーム」構成を提供するといい、さまざまなスタイルは、スカンジナビアのライフスタイルと自然との関係からインスピレーションを得ていると語っている。

安全システムでは高度なLidarシステムと16個の超音波センサー、8台のカメラ、5台のレーダーを使用して環境を監視。それは利用可能な最も先進的なシステムの1つであり、時速120 km (75 mph)で移動しながら、120メートル(394フィート)離れた道路上のタイヤや、250メートル(820フィート)離れた歩行者など、反射しないアイテムを検出することも可能だという。

EX90のワールドプレミアは、11月9日に決定している。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top