ヒョンデ『コナ エレクトリック』次期型、アイオニック5風デュアルスクリーン搭載へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

ヒョンデ『コナ エレクトリック』次期型、アイオニック5風デュアルスクリーン搭載へ!

自動車 新車スクープ
ヒョンデ コナ エレクトリック 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒョンデ コナ エレクトリック 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒョンデ コナ エレクトリック 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒョンデ コナ エレクトリック 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒョンデ コナ エレクトリック 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒョンデ コナ エレクトリック 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒョンデ コナ エレクトリック 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒョンデ コナ エレクトリック 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒョンデ コナ エレクトリック 次期型プロトタイプ スクープ写真

ヒョンデのフルエレクトリッククロスオーバーSUV、『コナ エレクトリック』次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えると同時に、そのコックピットをスクープサイト「Spyder7」のカメラが激写した。

トレーラーを牽引する開発車両は、今夏に捉えたプロトタイプ同様に、かなり厳重なカモフラージュがほどこされており、エクステリアデザインは不明だ。しかし、充電中を撮影した写真では、充電ポートの位置が変更されていないことがわかる。次期型では、同ブランド『ツーソン』に似たスタイリングが予想されるが、スプリットヘッドライトは継承されることになりそうだ。

初めて捉えたコックピットには、日本に導入されているクロスオーバー『アイオニック5』と同じサイズとレイアウトを持つ、デュアルスクリーンディスプレイを装備している様子が伺える。

パワートレインの詳細は不明だが、次世代のキア・ニーロEVと共有する68.4kWhのバッテリーを搭載、現行型の68.0kWhより若干大きくなり、最高出力201ps、最大トルク255Nmを発揮すると予想される。

コナ エレクトリック次期型のワールドプレミアは、2023年初頭と予想され、よりホットな「N」バージョンも期待できそうだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top