欧州ではトヨタ アイゴXのライバル!「電動化されない」ヒョンデ『i10』改良新型、新設計クワッドLED装備 | Spyder7(スパイダーセブン)

欧州ではトヨタ アイゴXのライバル!「電動化されない」ヒョンデ『i10』改良新型、新設計クワッドLED装備

自動車 新車スクープ
ヒョンデ i10 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒョンデ i10 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒョンデ i10 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒョンデ i10 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒョンデ i10 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒョンデ i10 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒョンデ i10 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒョンデ i10 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒョンデ i10 改良新型 プロトタイプ スクープ写真

ヒョンデのエントリーモデル、『i10』改良新型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

初代i10は2007年に発売。第2世代となる現行型は2019年に登場しており、これが初の大幅改良となる。現在はインド、ベトナム、メキシコ、南アフリカ、そして最も重要なヨーロッパなどの市場で展開されるグローバルモデルで、同ブランドにとって非常に重要なポジションとなっている。

ヨーロッパの路上で捉えたプロトタイプは、フロント、サイド、リアを厳重にカモフラージュ。ヘッドライトは現行型コンポーネントで今後着手される予定だが、注目はグリルに組み込まれた新設計のクワッドLEDエレメントだ。現行型の丸型ユニットや、スポーティなi10 Nラインの縦ストライプとは異なった、横長の六角形スタイルに刷新されていることがわかる。

後部ではバンパーのリフレッシュやLEDテールライトのグラフィックが刷新される予定のほか、キャビン内はカバーされており、キャビン全体は新しいレイアウトになる可能性がありそうだ。

現行型パワートレインには、自然吸気の1.2リッター直列4気筒と、1.0リッター直列3気筒、および最高出力100psを発揮するフラッグシップのターボチャージャー付き1.0リッターT-GDIエンジンがラインアップされており、改良新型では電動化も噂される。しかし、ヒョンでは2023年と2024年に2つの小型EVを発売し、i10の後継となる可能性があり、開発コストが高く、利益率が厳しいため、同社が最後のi10に何らかの電動化を導入する可能性は低いとみられる。

i10改良新型のワールドプレミアだが、発売から3年しか経過していないことを考えると、2023年半ばあたりと予想され、欧州市場では、トヨタのアイゴX、スズキのイグニスと対峙することになる。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top