これはベイビー『XM』だ....BMW『X3』次期型、グリル&ボディ拡大で迫力マシマシ! | Spyder7(スパイダーセブン)

これはベイビー『XM』だ....BMW『X3』次期型、グリル&ボディ拡大で迫力マシマシ!

自動車 新車スクープ
BMW X3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

BMWの主力SUV『X3』次期型をスクープ。新世代プラットフォームを採用する次期型はどう進化するのか。スクープサイト「Spyder7」がレポートする。

ニュルブルクリンクでの初の高速テストのために現れたプロトタイプは、いまだフルカモフラージュが施されている状態だ。しかしそのボディはよりワイド&ローが強調されたスタイリングとなりそうだ。

ヘッドライト、テールライトはプレースホルダー(ダミーコンポーネント)だが、最終的には標準のLEDテクノロジーと、オプションのLEDマトリックス、またはレーザーライトを備えた、よりシャープなユニットが搭載されるだろう。

またキドニーグリルは、バンパーの偽装によりグリルセグメントが広くて短く『2シリーズクーペ』のように見えるが、近くで見ると冷却用の穴が開けられており、見た目より大型化されていることがうかがえる。ボディサイドからは「ベイビーXM」と呼べそうな存在感を放っている。

リアエンドには、新設計のルーフスポイラーを装着。刷新されたテールゲートの開口部も確認できるほか、ナンバープレートがゲートから下部バンパーへ移動されていることもわかる。

撮影したカメラマンによると、大径のコンチネンタルタイヤを装着したプロトタイプは、ロールが最小限に抑えられ、SUVながら驚くほど落ち着いた走りを見せていたという。

キャビン内は、大部分が布で覆われているが、ステアリングホイールの後ろに大きなスクリーンが見える。おそらく、デジタルゲージパックと、マルチメディアタッチスクリーンを組み込んだBMWの新しい一体型デジタルダッシュボードを採用し、最新のiDrive 8インフォテインメントシステムが搭載されるだろう。

X3次期型は「CLAR」ではなく、新世代「Neue Klasse」プラットフォームを採用する。パワートレインの詳細は明らかになっていないが、ガソリン、ディーゼル、ハイブリッド、プラグインハイブリッドなど、幅広いエンジンオプションが引き続き提供されることは間違いない。

これは「ベイビーXM」だ…BMW『X3』次期型、グリル&ボディ拡大で迫力の高速テスト

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top