起亜の最高級フルエレクトリックSUV『EV9』、デジタルコックピット見えた! | Spyder7(スパイダーセブン)

起亜の最高級フルエレクトリックSUV『EV9』、デジタルコックピット見えた!

自動車 新車スクープ
起亜 EV9 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 市販型プロトタイプ スクープ写真

起亜が現在開発中のフラッグシップ・クロスオーバーSUV、『EV9』市販型プロトタイプが再びニュルブルクリンクに出現した。

EV9は、2021年11月のL.A.オートショーでコンセプトモデルとして初公開された3列シートのフルエレクトリックSUVで、北米を初め欧州などで発売が決定している。

最新プロトタイプでは、ワイドな長方形グリル、箱型のアーチ、LEDライトバー、垂直LEDデイタイムランニングライト、同じ角度のリア サイド ウィンドウなどコンセプトモデルから継承されていることがわかる。ただしDピラーが厳重に隠されており、市販型ではデザイン変更がなされる可能性もありそうだ。

リアエンドでは際立つルーフスポイラーを装着、湾曲したLEDテールライトが確認でき、カモフラージュされているが、コンセプト同様にピラーへ垂直に伸びていると予想される。

はじめて捉えたコックピットには、ステアリングホイールの後ろに薄型のスクリーンを配置、もう1つのディスプレイはセンターコンソールにあり、縦長のレイアウトになっている様子がうかがえる。ただし生産モデルは、コンセプトで見られたシングルスポークの長方形のステアリングホイールを失っている可能性がありそうだ。

市販型では、EV6と共有される「E-GMP」プラットフォームに基づいており、技術的な詳細を明らかにしていない。しかし最終的にはコンセプトと同様の仕様になると仮定するなら、73kWhのバッテリーを搭載、航続は最大336マイル(540km)を走破し、30分以内に80%の充電を完了するはずだ。また動力性能は0-100km/h加速5秒未満と巨漢ながら高いパフォーマンスを持つ。

生産仕様のEV9は無線によるソフトウェア更新が可能で、ブランドの 「AutoMode」先進運転支援システムをサポートする。この技術には、高速道路のセクションで車両を自律運転できる機能が含まれていると言われている。

EV9は2023年の第1四半期にデビュー予定で、販売は今年の下半期に開始される。価格は約50,000ドル(約700万円)からと噂されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top