キュッと上がる口角...メルセデスベンツ新型モデル『CLE』市販型、AMG「53クーペ」を初スクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

キュッと上がる口角...メルセデスベンツ新型モデル『CLE』市販型、AMG「53クーペ」を初スクープ!

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG CLE 53 クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG CLE 53 クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG CLE 53 クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG CLE 53 クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG CLE 53 クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG CLE 53 クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG CLE 53 クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG CLE 53 クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG CLE 53 クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真

メルセデスベンツは現在、新セグメントとなる『CLEクーペ/カブリオレ』を開発中だが、そのパフォーマンスモデルとなるAMG『CLE 53クーペ』市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

同ブランドは、2ドアクーペやオープンモデルのラインアップ再構築を進めており、『Sクラスカブリオレ』を廃止、『Cクラス』および『Eクラス』のクーペ/カブリオレは、新セグメント「CLE」へと生まれ変わる。先日は、その頂点に君臨するAMG『CLE 63Sクーペ』プロトタイプを捉えたばかりだが、「53」はその下位置するモデルだ。

捉えたプロトタイプは、63と非常によく似ているが、明確な違いはリアエンドで、63が四角いクワッドエキゾーストパイプを備えているのに対し、53では円形のパイプで構成されているところだろう。またフロントエンドでは、63ではよく見えなかったコーナーエアインテークの形状が鮮明に写されており、口角があがっているように見える。

側面からは、長いボンネットと短いリアデッキが確認できるほか、ホイールベースがかなり長く、後部座席にも余裕がありそうなことがわかる。足回りにはミシュランパイロットスポーツを履き、強力なブレーキシステムによりバックアップされた軽量ホイールを装着、高性能スポーツAMGであることを認識できるだろう。

CLE 53のパワートレインは不明だが、63では新しい「AMG C63 S E Performance」からハイブリッドパワートレインを流用、2.0リッター4気筒ターボチャージャーエンジンとリアエンジンに積まれた電気モーターを組み合わせ、最高出力671psを発揮、0-100km/h加速3.3秒のパフォーマンスを誇る。53ではこのデチューンバージョンを備えると予想される一方、プロトタイプのリアエンドには、63で見られた充電ポートが見当たらず、マイルドハイブリッドの可能性もありそうだ。

ベースとなるCLEクーペ/カブリオレは2023年前半に登場が予想されており、それに続くAMGバージョンも早ければ2023年内にワールドプレミアがされる可能性があるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top