【FIRST SHOS】コックピットは「SL」から継承...メルセデスAMG『GT 53クーペ』がPHEVを導入へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

【FIRST SHOS】コックピットは「SL」から継承...メルセデスAMG『GT 53クーペ』がPHEVを導入へ!

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG GT 53 Eパフォーマンス(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GT 53 Eパフォーマンス(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GT 53 Eパフォーマンス(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GT 53 Eパフォーマンス(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GT 53 Eパフォーマンス(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GT 53 Eパフォーマンス(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GT 53 Eパフォーマンス(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GT 53 Eパフォーマンス(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GT 53 Eパフォーマンス(スクープ写真)

メルセデスベンツの高性能ブランド「AMG」は現在、『AMG GT』ファミリー次期型の開発を進めている。そのエントリーモデルとなる「GT 53 Eパフォーマンス」市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。その名の通り、プラグインハイブリッド(PHEV)となる。

捉えたプロトタイプは、ルーフ以外ほぼすべてをカモフラージュ、多くのディテールを隠している。フロントエンドには、上下二段のワイドなエアインテークを装備し、コーナーの空気孔は、そこに大型エアインテークが配置されていることを示唆している。

後部では、新設計されたスリムなLEDテールライトの一部が見てとれるほか、充電ポートがリアバンパーにあることがはっきりと確認できる。また排気口は、上位モデルの「GT 63 S Eパフォーマンス」では四角形のパイプだが、GT 53 Eパフォーマンスでは差別化されたクワッドエキゾーストパイプがインストールされている。

内部は、新型『SL』から継承する12.3インチのデジタルインストルメントクラスターと、縦向きの11.9インチのインフォテインメントシステムが期待できるだろう。

パワートレインは、「C 63 S Eパフォーマンス」と共有されるプラグインハイブリッドが濃厚で、2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを電動化、6.1kWhのバッテリーパックを動力源とするモーターが後部に積まれる。これにより最高出力680ps、最高トルク1020Nmを発揮する。また0-100km/h加速3.4秒、最高速度280km/hのパフォーマンスが期待できるという。

またより多くのパワーを求める顧客には、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、リアに電気モーター、6.1kWhバッテリーパックを搭載した「GT 63 S Eパフォーマンス」が用意され、最高出力は843ps、最大トルク1400Nmを超えることが噂されている。

AMG GT 53 Eパフォーマンスのワールドプレミアは、2023年後半と予想される。

メルセデスAMG GT 次期型はエントリーモデルもPHEV!コックピットは「SL」を継承か

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top