これは4ドアクーペだ...メルセデスAMG『GLC 63クーペ』次期型、よりスリムでスポーティスタイルに | Spyder7(スパイダーセブン)

これは4ドアクーペだ...メルセデスAMG『GLC 63クーペ』次期型、よりスリムでスポーティスタイルに

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG GLC63クーペ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63クーペ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63クーペ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63クーペ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63クーペ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63クーペ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63クーペ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63クーペ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63クーペ 新型プロトタイプ スクープ写真

メルセデスベンツは、人気クロスオーバーSUV『GLC』新型を発表したが、その頂点に設定されるAMG『GLCクーペ』新型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

ニュルで捉えたプロトタイプは、ベースモデルよりアグレッシブなフロントマスクを特徴としている。カモフラージュしているが、バンパー両サイドの大型インテークのサイズと位置が明らかなほか、テスト中の他AMGプロトタイプと同様に、生産バージョンのパナメリカーナグリルではなく、エッグクレートグリル(卵の包装容器のような深い格子状の立体グリル)を装備している。

足回りではV字型スポークとグロスブラック仕上げのホイールを装着、クロスドリルブレーキローターや赤いキャリパーも確認できる。

側面から見ると、クーペ専用のキャラクターラインを配置、後部では鋭く跳ね上がるスポイラーを装着、四角いクワッドエキゾーストパイプがインストールされている。GLCクーペと比較すると、よりスリムでスポーティーになり、ボクシーなSUVというよりは4ドアクーペに近いと言えそうだ。

キャビン内のレイアウトはGLCと共有。12.3インチのデジタルクラスター、センターコンソールの大きく傾斜した11.9インチのタッチスクリーン、およびカラーヘッドアップディスプレイなどが配置されている。AMGモデルでは、よりスポーティなバケットシートのセットと、スエードスタイルのフラットボトム・ステアリングホイールや、カーボンファイバーのアクセントが追加されている。

その心臓部は、「C 63S」から流用されるとみられ、前世代の4.0リットルV型8気筒から、最高出力400psを軽く超える2.0リットル直列4気筒ターボエンジンへ置き換えられる。さらに最大200psを超える電気モーターと組み合わされることによりシステム合計で680ps、最大トルク1,020Nmを発揮するとみられる。C 63Sでは0-100km/h加速3.3秒、最高速度174マイル(280km/h)だが、GLCクーペではボディ形状も異なることから微妙な違いが生じるだろう。

AMG GLC 63のワールドプレミアは、最速で2022年内、遅れれば2023年初頭となりそうだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top