BMW 3シリーズ「2ドア」復活の噂...往年の「セダン」スタイルで登場か!? | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW 3シリーズ「2ドア」復活の噂...往年の「セダン」スタイルで登場か!?

自動車 新車スクープ
BMW 3シリーズ 2ドアセダン 予想CG
  • BMW 3シリーズ 2ドアセダン 予想CG
  • BMW 3シリーズ 2ドアセダン 予想CG
  • BMW 3シリーズ 2ドアセダン 予想CG
  • BMW 3シリーズ 最後の2ドアセダン 
  • BMW 3シリーズ 最後の2ドアセダン 

BMWが、主力4ドアセダン『3シリーズ』に「2ドア」を復活させる計画があるという情報を入手、早速その予想CGが制作された。

初代3シリーズは1975年にデビュー。「2ドアセダン」と「2ドアカブリオ」が設定された。以降2005年に発売された5代目「E90」型まで2ドアとカブリオレは販売されたが、2012年の6代目「F30」型では設定されず、現在2ドアは「4シリーズ クーペ」として、カブリオレは「4シリーズ カブリオレ」として販売されている。

しかし、3シリーズ「2ドアセダン」復活の計画があるという。お馴染みNikita Chuicko氏から入手した予想CGのフロントエンドには、4シリーズ新型でインパクトを与えた巨大キドニーグリルは見当たらず、従来のワイドなデザインが採用されて落ち着いた印象だ。

側面では長いドア、太いBピラーを装備。後部では3シリーズ専用に刷新されたL字型LEDテールライトが確認できるほか、バンパー、ディフューザー、トランクリッドスポイラーも新設計されている。そして最大の注目は、クーペらしい4シリーズの、なめらかなルーフラインとは一線を画した、セダン風ルーフラインであり、ここで大きな差別化が図られると予想される。

発売されれば、4シリーズクーペとは異なる高いルーフにより、キャビンスペースは向上、実用性の高い2ドアの誕生となる。現段階で3シリーズ「2ドア セダン」の登場は断言できないが、もし実現すれば、10年以上ぶりの誕生となる。現在販売されている2ドアは流麗なルーフラインを持つクーペデザインが多いが、こんな硬派な2ドアモデルに魅力を感じるファンも多いのではないだろうか。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top