随所にBMW3シリーズツーリングの味付け...VW『パサート』次期型、シルバーボディでデザイン鮮明に | Spyder7(スパイダーセブン)

随所にBMW3シリーズツーリングの味付け...VW『パサート』次期型、シルバーボディでデザイン鮮明に

自動車 新車スクープ
VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

VW『パサート』次期型の最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。現行型パサート(B8型)は2015年にデビュー。これが8年振りのフルモデルチェンジとなるが、果たしてどこが進化するのだろうか。プロトタイプを分析していこう。

捉えたプロトタイプは、これまでのダークカラーから一転、鮮やかなシルバーボディで出現。新デザインがより鮮明に見えている。ヘッドライトやグリルはダミーステッカーでカモフラージュされているが、下部バンパーの輪郭、ボンネットのカットアウトも確認できる。

側面を見るとフラットなホイールアーチ、力強いラインなどBMW『3シリーズツーリング』に似たデザインが見られるほか、Dピラーも「ホフマイスターキンク」を彷彿させる。

またリアエンドでは、水平に取り付けられた幅広のテールライトを装備、現行型よりかなり寝かされたスポーティーなリアウィンドウが確認できる。またハッチの形状やブランドバッジの配置なども、3シリーズツーリングに似ているのも特徴的だ。

インテリアでは、ダッシュボードにインフォテインメント用の大型の自立型タッチスクリーンを装備。デジタルインストルメントクラスター、およびステアリングホイールのタッチセンシティブコントロールが組み合わされるが、『ゴルフ』とは異なり、パサートにはコラムマウントのシフトレバーがあるようだ。

歴代最後の内燃機関となる可能性があるパワートレインは、マイルドハイブリッドの支援を受け、いくつかのガソリン及びディーゼルエンジンと組み合わされる。プラグインハイブリッドもラインアップされるだろう。

車内コード「B9」と呼ばれるパサート次期型のワールドプレミアは、2024年モデルとして2023年内と予想。セダンがラインアップから外れる可能性も高い。また基盤を共有する第4世代のシュコダ『スペルブ』と合わせて、スロバキアのブラチスラバで生産予定となっている。

3シリーズに似ている? VW『パサート』次期型、シルバーボディでデザイン鮮明に

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top