フェラーリ『296 GTB』を追撃せよ...マクラーレン次世代ハイブリッドスーパーカー『Ensifera』を大予想! | Spyder7(スパイダーセブン)

フェラーリ『296 GTB』を追撃せよ...マクラーレン次世代ハイブリッドスーパーカー『Ensifera』を大予想!

自動車 新車スクープ
マクラーレン Ensifera 予想CG
  • マクラーレン Ensifera 予想CG
  • マクラーレン Ensifera 予想CG
  • マクラーレン Ensifera 予想CG
  • マクラーレン Ensifera 予想CG
  • マクラーレン Ensifera 予想CG
  • マクラーレン Ensifera 予想CG
  • マクラーレン Ensifera 予想CG
  • マクラーレン Ensifera 予想CG

マクラーレンが開発中と噂される、次世代ハイブリッドハイパーカーを大予想した。

ランボルギーニとフェラーリは、長い間ミッドシップエンジンのジュニアスーパーカーを販売していたが、マクラーレンが2011年に参入し、それら追随した。現在では、ランボルギーニ『ウラカン』、フェラーリ『F8トリブート』、マクラーレン『アルトゥーラ』など、それぞれのブランドが異なるセグメントのミッドシップを提供している。

特にフェラーリは、「F8トリブート」と「SF90ストラダーレ」のみをミッドシップスーパーカーとして販売し続けることなく、その中間を埋めるべくV型6気筒エンジン搭載『296 GTB』を投入している。

そこで提案されるのがマクラーレン『Ensifera』だ。デザイナーDejan Hristov氏から提供された予想CGは、「アルトゥーラ」に続く次世代ハイブリッドモデルになると予想される。Ensiferaは他のマクラーレンモデルとは異なるデザインを採用、今後の電動化モデルの柱となる可能性があるだろう。

予想CGを見ると、フロントエンドは『Apollo IE』を彷彿、厳ついLEDデイタイムランニングライトとヘッドライト、大型エアインテーク、際立つフロントスプリッターが見てとれるほか、フロントのホイールアーチは強烈なインパクトを放っている。

側面ではタイトなスポークを備えるホイール、エアロダイナミクスに優れたサイドスカート、特徴的なサイドウィンドウが確認できる。リアホイールアーチは、フロントと同様の形状を採用、リアエンドに空気を送り込むエアロダイナミクスルート備えている。

後部はエクステリアデザインで最も個性的と言っていいだろう。従来のウイングの代わりに2つの中央フィンを装備、他の量産車とは一線を画している。また精巧なLEDテールライトや、デュアルエグジットテールパイプ、印象的なディフューザーも見てとれる。

マクラーレン次世代ミッドシップ登場の時期は、アルトゥーラ登場から2年後の2023年あたりと予想される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top