ポルシェ新型ハイライディング911『ダカール』、ニュル周回ごとに車高が変化! | Spyder7(スパイダーセブン)

ポルシェ新型ハイライディング911『ダカール』、ニュル周回ごとに車高が変化!

自動車 新車スクープ
ポルシェ 911ダカール プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911ダカール プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911ダカール プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911ダカール プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911ダカール プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911ダカール プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911ダカール プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911ダカール プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911ダカール プロトタイプ スクープ写真

ポルシェが現在開発中の911ハイライディングモデル、『911ダカール』最新市販型プロトタイプをカメラが捉えた。

ニュルで捉えたプロトタイプは、これまで同様のカモフラージュでディテールが隠されている。しかし、今回注目されたのは、ラップごとに車高が明らかに異なることだ。1枚目の画像では、コース上の同じ場所でかなり地上高が上がっていることがわかる。

これは、ポルシェが単にダカールに長いコイルスプリングとダンパーを取り付けて地上高を上げるだけでなく、コイルをSUVカイエンで採用するエアスプリングに交換していることを示唆している。911のステアリングホイールに取り付けられたロータリードライブモードセクターをひねると、道路の高さが環境に合わせて自動的に調整される可能性がありそうだ。ポルシェは街中でドライバーが車高を手動で上げることを可能にし、これが他の911よりも特別な911であることを誇示できるようにすることは間違いといえそうだ。

プロトタイプはフロントバンパー&リアバンパー周辺をカモフラージュしているが、フェンダーエクステンションを装着、トレッドがワイドかされる可能性があるほか、ボンネットにはワイドインテークも見られる。

後部には、ダックテールスポイラーとは異なる、1980年代、90年代の911ターボに取り付けられていた「ティートレー」と呼ばれるタイプのスポイラーが取り付けられているが、これは最終コンポーネントである可能性もありそうだ。

パワートレインは「911カレラ4」から3.0リットル水平対向6気筒ツインターボエンジンを流用、最高出力は443ps、最大トルク528Nmを発揮すると予想されているが、最新情報では、911ターボからエンジンを流用、最高出力は580psとも噂されている。いずれにしても、駆動方式は全輪駆動で間違いないだろう。

911ダカールのワールドプレミアは、11月16日、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー2022に予定されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top