ランボルギーニ ウラカンのオフローダー、車名は『ステラート』に決定...11月30日ワールドプレミアへ! | Spyder7(スパイダーセブン)

ランボルギーニ ウラカンのオフローダー、車名は『ステラート』に決定...11月30日ワールドプレミアへ!

自動車 新車スクープ
ランボルギーニ ウラカン ステラート プロトタイプ
  • ランボルギーニ ウラカン ステラート プロトタイプ
  • ランボルギーニ ウラカン ステラート プロトタイプ
  • ランボルギーニ ウラカン ステラート プロトタイプ
  • ランボルギーニ ウラカン ステラート プロトタイプ
  • ランボルギーニ ウラカン ステラート 開発車両 スクープ写真
  • ランボルギーニ ウラカン ステラート 開発車両 スクープ写真
  • ランボルギーニ ウラカン ステラート プロランボルギーニ ウラカン ステラート 開発車両 スクープ写真トタイプ
  • ランボルギーニ ウラカン ステラート 開発車両 スクープ写真

ランボルギーニが現在開発中の新型ハイライディングの車名が『ステラート』であることを発表するとともに、プロトタイプの画像を公開した。

ステラートは、同社の2ドアスーパーカー『ウラカン』をベースに開発、同じく現在開発中のポルシェ『911ダカール』のライバルとなる。

市販型では、サイドスカート、ボディ前後にアンダーボディプロテクションを装備、フロントとリアホイールアーチには分厚いクラッディングを装着している。またノーズ先端にはLEDライトを追加、コンセプトであったルーフマウントのライトバーはなくなったが、ステラートブランドのルーフレールを持つことで、通常のウラカンよりも実用的に変更されているほか、ルーフにエアスクープを配置している。

ボディはサスペンションリフトアップにより、他のどのスーパーカーよりもはるかに高い地上高を実現、足回りには、全地形対応能力を向上させるために、分厚いブリヂストンデュエラータイヤを装着、新デザインの黒いホイールが取り付けられている。

ウラカン ステラートは、「Evo AWD」、「テクニカ」「STO」と同様に、ミッドシップに自然吸気の5.2リッターV10を搭載、最高出力は640ps最大トルク601Nmを発揮すると予想されている。おそらくウラカンシリーズ最後のV10エンジンになると思われ、デュアルクラッチギアボックスとAWDシステムは、オフロード性能を向上させるために調整されている可能性が高い。

ステラートのワールドプレミアは、11月30日の「アートバーゼル in マイアミ」が舞台となりそうだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top