空力性能向上...アウディ TT に400馬力の「RS」、欧州限定「アイコニック」設定へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

空力性能向上...アウディ TT に400馬力の「RS」、欧州限定「アイコニック」設定へ!

自動車 ニューモデル
アウディ TT RS クーペ の「アイコニック・エディション」
  • アウディ TT RS クーペ の「アイコニック・エディション」
  • アウディ TT RS クーペ の「アイコニック・エディション」
  • アウディ TT RS クーペ の「アイコニック・エディション」
  • アウディ TT RS クーペ の「アイコニック・エディション」
  • アウディ TT RS クーペ の「アイコニック・エディション」
  • アウディ TT RS クーペ の「アイコニック・エディション」
  • アウディ TT RS クーペ の「アイコニック・エディション」
  • アウディ TT RS クーペ の「アイコニック・エディション」

アウディは、高性能2ドアスポーツクーペ『TT RSクーペ』(Audi TT RS Coupe)に、100台限定で「アイコニック・エディション」を設定し、2023年第1四半期(1~3月)、欧州で納車を開始すると発表した。

◆新開発のエアロキットを装着

新開発のエアロキットを装着する。モータースポーツにインスパイアされたフロントバンパーには、サイドフリック、フロントスプリッター、サイドフロントエアインテークブレードが備わる。リアには固定式のカーボン製ウィングが装着された。フロントグリルや20インチアルミホイール、ブレーキキャリパーは、ブラック仕上げとした。

このエアロキットは、風洞実験を経て開発された。最適なバランスが追求されており、エアロダイナミクスと走行性能が向上している、と自負する。リアウィングとリアのディフューザーの接触圧が増加することにより、車体が路面によりしっかりと押さえつけられ、高速コーナーでのハンドリングが大幅に改善されているという。

「アウディ・エクスクルーシブ・プログラム」を通じて、ボディカラーから内装のレザーの色、コントラストステッチの選択まで、顧客の好みに合わせてカスタマイズすることもできる。

◆内装にカレンデュライエローのアクセント

室内には、RSスポーツシートを装着した。このスポーツシートはツートンカラーで、サイドパネルはジェットグレー、センターパネルはブラックアルカンターラ、ハニカムステッチはカレンデュライエローとした。アイコニック・エディションの刺繍が、背もたれ部分のブラックアルカンターラに埋め込まれた。

ブラックのフロアマットは、カレンデュライエローの RS 刺繍で仕上げられ、ドアアームレストとセンターコンソールもジェットグレーで仕上げた。「アウディ・バーチャル・コックピット」のブラックカウルも、カレンデュライエローのコントラストステッチで装飾されている。

12時の位置にカレンデュライエローのマーキングが施された「RSスポーツレザーステアリングホイール」を装備した。室内には、限定100台を示すシリアルナンバープレートも添えられている。

◆0~100km/h加速3.7秒で最高速は280km/h

パワートレインには、直噴2.5リットル直列5気筒ガソリンターボの「TFSI」エンジンを搭載する。最大出力は400ps、最大トルクは48.9kgmを獲得する。最大トルクは1950~5850rpmの幅広い領域で引き出される。駆動方式はフルタイム4WDのクワトロ、トランスミッションは7速「Sトロニック」だ。動力性能は、0~100km/h加速が3.7秒。最高速は280km/hに到達する。

エンジン点火順序は、1-2-4-5-3と独自のシーケンスが採用されたことで特徴的なサウンドを発生する。エキゾーストシステムには、完全可変タイプのフラップ制御システムが採用された。サウンドの特性は、ドライビングダイナミクスシステムの「アウディドライブセレクト」で調整できる。

アウディの「マグネティック・ライド・テクノロジー」を導入したアダプティブダンパー付きの「RSスポーツサスペンションプラス」を装備した。このシステムは、路面条件、運転状況、アウディドライブセレクトで選択されたモードに合わせて、各ショックアブソーバーを連続的かつ個別に調整する、としている。

アウディ TT に400馬力の「RS」、空力性能向上…欧州限定「アイコニック」

《森脇稔@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top