VW、米国市場で「スカウト」の名称復活へ...エレクトリックSUVなどを計画中! | Spyder7(スパイダーセブン)

VW、米国市場で「スカウト」の名称復活へ...エレクトリックSUVなどを計画中!

自動車 新車スクープ
スカウト 新型モデル ティザーイメージ
  • スカウト 新型モデル ティザーイメージ
  • スカウト 新型モデル ティザーイメージ

VWは、米国市場にて新たなブランド「Scout Motors」(スカウトモータース)を立ち上げた。

同社は、1960年代から1970年代のオフロードのアイコンである「インターナショナルハーヴェスター スカウト」商標権利を所有しているが、新たに米国市場向けに新ブランドとして「スカウト」の名称を復活させた。同ブランドの公式ウェブサイトでは、新型モデルのティザーイメージが公開されている。

スカウトは第一弾として、エレクトリッククロスオーバーSUVと、ピックアップトラックを計画しており、どちらもレトロな側面を示すスケッチが確認できる。同社では、「古典的モデルを連想させる力強いスタンスと直立姿勢」と表現している。

フロントエンドのティザーイメージでは、肉付きの良いオフロードタイヤと、クラシックなオフローダーを思い起こさせる流線型のボディが見てとれるほか、四角いミラー、ルーフレール、白い革張りのインテリアのように見えるものも見られる。

SUVとピックアップトラックは、EV 専用に開発された専用プラットフォームを共有するが、現在のゼロエミッションVWとは何の関連製もないといい、つまりMEB ベースの製品との接続はないということが確認されている。

スカウト初のモデルは、2026年に生産開始が予定されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top