VWパサート後継EV「エアロB」、ブランド初の正方形ディスプレイ装備か!? | Spyder7(スパイダーセブン)

VWパサート後継EV「エアロB」、ブランド初の正方形ディスプレイ装備か!?

自動車 新車スクープ
『ID.7』と予想されるVWの新型EVセダンのプロトタイプ(スクープ写真)
  • 『ID.7』と予想されるVWの新型EVセダンのプロトタイプ(スクープ写真)
  • 『ID.7』と予想されるVWの新型EVセダンのプロトタイプ(スクープ写真)
  • 『ID.7』と予想されるVWの新型EVセダンのプロトタイプ(スクープ写真)
  • 『ID.7』と予想されるVWの新型EVセダンのプロトタイプ(スクープ写真)
  • 『ID.7』と予想されるVWの新型EVセダンのプロトタイプ(スクープ写真)
  • 『ID.7』と予想されるVWの新型EVセダンのプロトタイプ(スクープ写真)
  • 『ID.7』と予想されるVWの新型EVセダンのプロトタイプ(スクープ写真)
  • 『ID.7』と予想されるVWの新型EVセダンのプロトタイプ(スクープ写真)

VWは現在、『パサート』後継モデルと噂される新型EVセダンを開発中だ。「エアロB」と呼ばれるこのEVセダンのコックピット内を、スクープサイト「Spyder7」が初めてキャッチした。他のVW車やIDシリーズとも異なるそのデザインとは。

捉えた最新プロトタイプ車両の外装は、依然としてダミーコンポーネントでカモフラージュされており、謎に包まれたままだ。フロントエンドは、バンパーの台形開口部とコーナーの垂直エアインテークは確認できるが、ヘッドライトやグリル、ノーズ先端はデカールが貼られている。恐らくヘッドライトは、LEDライトバーでひとつなぎのデザインとなる可能性が高い。

ボディサイドからは、クーペのように寝かされたフロントウインドウ、流れるようなルーフラインなど、洗練されたボディラインを見ることができる。助手席側のリアフェンダーには充電ポートが配置されている。後部では、テールライト全体がデカールで隠されており、ダミーのマフラーが装着されている。

注目のコックピットだが、これまでのVW車やIDシリーズで見たものとは大きく異なり、インフォテイメントディスプレイが長方形ではなく、正方形に近いことが確認できる。『ID.4』のようにコンパクトなステアリングホイールのすぐ後ろには、小さな長方形のデジタルインストルメントクラスターが、湾曲したダッシュボードに組み込まれている。

この新型EVセダンは「MEB」プラットフォームを採用し、後輪駆動と全輪駆動が提供される。モーターラインアップは最高出力148psと172psを用意。頂点にはデュアルモーターと全輪駆動を組み合わせる「GTX」を設定。最高出力は299psと予想される。

発売は2023年と予想されているが、2022年内に発表される可能性もある。市販時には『ID.7』の車名となることが有力視されており、IDブランド初のサルーンとして登場するとみられている。

パサート後継はEVセダンの『ID.7』!? コックピット内を初スクープ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top