2023年デビューへ...メルセデス新パフォーマンスクーペAMG『CLE 53』、これが市販型デザインだ | Spyder7(スパイダーセブン)

2023年デビューへ...メルセデス新パフォーマンスクーペAMG『CLE 53』、これが市販型デザインだ

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG CLE 53 クーペ 市販型 予想CG
  • メルセデス AMG CLE 53 クーペ 市販型 予想CG
  • メルセデス AMG CLE 53 クーペ 市販型 予想CG
  • メルセデス AMG CLE 53 クーペ 市販型 予想CG
  • メルセデス AMG CLE 53 クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG CLE 53 クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG CLE 53 クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG CLE 53 クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG CLE 53 クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真

メルセデスベンツが開発を進める新グレード、『CLEクーペ/カブリオレ』の高性能モデルとなる、AMG『CLE 53』市販型デザインを大予想した。

同ブランドでは、CクラスとEクラスに代わる新しいクーペとコンバーチブルの準備を進めているが、それが「CLE」だ。

AMG CLE 53では、他AMGモデル同様に幅の広いグリル、後退したヘッドライト、広いロア バンパー開口部、および外縁にあるアグレッシブなインテークを特徴とすほか、リアエンドには、円形のクワッドエキゾーストパイプが装着される。AMG上位には、「CLE 63」が存在するため、フロントエンドをトーンダウンすることや、エキゾーストパイプデザインを四角から円形にすることで区別される。

市販型では、新しいCクラスを支えるメルセデスの「MRA-2」プラットフォームに乗る。プラットフォームが共有されているということは、CLE が C クラスのパワートレイン流用することを意味するはずだ。

CLE 53のパワートレインは不明だが、63では新しい「AMG C63 S E Performance」からハイブリッドパワートレインを流用、2.0リッター4気筒ターボチャージャーエンジンと、リアエンジンに積まれた電気モーターが組み合わされる。最高出力671psを発揮、0-100km/h加速3.3秒のパフォーマンスを誇るが、53ではこのデチューンバージョンを備えると予想されている。

ベースとなるCLEクーペ/カブリオレは、最速で2022年内に登場が予想されており、それに続くAMGバージョンは2023年内にワールドプレミアがされる可能性があるだろう。

KOLESA.Ru
Mr. Nikita Chuicko
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top