復活のデ・トマソ、今度は新型ハイパーカー『P900』を予告! | Spyder7(スパイダーセブン)

復活のデ・トマソ、今度は新型ハイパーカー『P900』を予告!

自動車 新車スクープ
デ・トマソ 新型ハイパーカー ティザーイメージ
  • デ・トマソ 新型ハイパーカー ティザーイメージ
  • デ・トマソ 新型ハイパーカー ティザーイメージ
  • デ・トマソ 新型ハイパーカー ティザーイメージ

デ・トマソは、2019年に『P72』を発表、自動車生産への復帰を果たしたが、続いて第2弾となるハイパーカー『P900』を公式Facebookで予告した。

デ・トマソは、1959年に創設された名門ブランドで、1971年の『パンテーラ』は、日本におけるスーパーカーブームを牽引した一台といえる。しかし2004年に解散、その後2019年に「P72」で復活を果たした。

公開されたティザーイメージでは、曲線的なボディワークと紫がかったカーボンが強調され、鮮明に見えるサイドミラーは、P72と同じ形状に見える。またフィンが取り付けられたアグレッシブなコンポーネントも確認できる。

もう一枚はP900の吸気口で、P72の大きなスクープよりも小さく、形が整っているように見える。そして最後の一枚はフロントフェンダーの内側にある通気孔だろう。

P72は、最高出力700馬力を発生するフォード製のV8でデビューしたが、P900のパワートレインは明かされていない。しかし、投稿には#V8、#V10、及び”V12のタグが付けられていることから、これに対応するエンジンが予想できるだろう。

最終デザインはP72といくつかを共有する可能性があるが素材は異なり、P900ではよりスリムに、よりハードコアになると思われる。

P900のワールドプレミアは、11月29日に予定されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top