これがアウディ次世代コックピットか...『Q6 e-tron』市販型、デジタルダッシュボードを激写! | Spyder7(スパイダーセブン)

これがアウディ次世代コックピットか...『Q6 e-tron』市販型、デジタルダッシュボードを激写!

自動車 新車スクープ
アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)

アウディが現在開発中の新型EVクロスオーバーSUV、『Q6 e-tron』市販型の最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」が捉えた。今回初めて、そのコックピットを鮮明に撮影することに成功した。

カモフラージュは、Q6 e-tronのディティールを隠したままだが、今回の注目はインテリアだ。以前もウィンドウ越しに見えたコックピット。ダッシュボードから突き出たスクリーンは当時、それが本物かどうか不明だったが、今回これが市販仕様のコンポーネントであることがわかった。

ステアリングは『Q4 e-tron』と共有するフラットボトムタイプ。その奥には台形のデジタルインストルメントクラスターが確認できる。中央のタッチスクリーンは、現在のラインアップでみられる統合されたディスプレイとは大きく異っているようだ。

エクステリアでは、フロントエンドにスプリットヘッドライトを配置、中央には密閉されたグリルを装備している。また下部には台形のインテークを配置、運転支援システム用のセンサーらしきものが見えるが、現時点では、これらのシステムがどれだけ高度になるかは不明だ。

Q6 e-tronは、ポルシェ『マカンEV』と同じ「PPE」プラットフォームを採用。シングルモーターとデュアルモーターを設定し、約100kWhのバッテリーパックを積む可能性がある。デュアルモーターは最高出力476ps、最大トルク800Nmを発揮する全輪駆動システムが予想される。また最高出力600ps、最大トルク830Nmを叩き出す最強の「RS」モデルも噂されている。

アウディQ6 e-tronは当初、今年デビューする予定だったが、ポルシェ マカンEVが2024年に延期されたのと同様、発表が延期される可能性がありそうだ。

これがアウディの次世代コックピットか!?『Q6 e-tron』のインテリアを鮮明に激写

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top