V8なしで登場か...BMW『5シリーズ』次期型、「Mスポーツパッケージ」プロトタイプをスクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

V8なしで登場か...BMW『5シリーズ』次期型、「Mスポーツパッケージ」プロトタイプをスクープ!

自動車 新車スクープ
BMW 5シリーズ 次期型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズ 次期型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズ 次期型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズ 次期型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズ 次期型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズ 次期型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズ 次期型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズ 次期型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズ 次期型 プロトタイプ(スクープ写真)

BMWは現在、主力モデル『5シリーズ』次期型をはじめ、フルエレクトリック『i5』、パフォーマンス『M5』などの全ラインアップを開発中だが、スクープサイト「Spyder7」は今回、それらのベースとなる5シリーズの最新プロトタイプを捉えた。

ドイツ市街地で捉えたプロトタイプは、これまでより若干カモフラージュが削ぎ落とされている。コードネーム「G60」と呼ばれる開発車両は、ナンバープレートの末尾に「E」の文字がなく「Electrified Vehicle」(電気車両)のステッカーがないことからもICE(内燃機関)モデルであることがわかる。

フロントマスクは吊り上がったヘッドライトが特徴的だ。その内部には新設計されたLEDデイタイムランニングライトも見てとれる。キドニーグリルは『4シリーズ』や『7シリーズ』とは異なり控えめなサイズ。フロントバンパーは張り出しが大きく曲線も多いが、カモフラージュのためのプラスチックの外装によるものと思われる。

また側面では、最終市販型と思われるフラッシュマウントドアハンドルが初めて露出。リアからは立体的で水平基調のLEDテールライトが見てとれる。一方で、BMWセダンのデザインを象徴するひとつ「ホフマイスターキンク」(Cピラーの付け根が切れ上がった造形)は重ねられたカモフラージュで隠されている。

足回りはツートーン仕上げの19インチホイールに赤いブレーキキャリパーを装着。リアエンドにはトランクリッドスポイラーが装着されていることから「Mスポーツパッケージ」であるかのかのうせいが高い。フロントフェンダーの小さな膨らみには「M」バッジが隠されているはずだ。

内部では、「iDrive 8」に対応した2つのサイドバイサイドスクリーンを備える。インフォテインメント用の大型ディスプレイには空調制御が統合され、ノブやボタンのないシンプルなセンターコンソールとなるだろう。

予想されるパワートレインは、最高出力255psを発揮する2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ+マイルドハイブリッドをはじめ、最高出力380ps、最大トルク519Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ガソリンターボ+マイルドハイブリッド、最高出力300psを発揮するプラグインハイブリッドなどがラインアップされる。最新情報では、ラインアップから「M550i」が排除され、V8エンジンなしでデビューするという。

5シリーズ次期型のワールドプレミアは、2023年前半と予想される。

BMW『5シリーズ』次期型はV8なし!? “Mスポ”エンジン車をスクープ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top